ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ロボロフスキーの妊娠経過と出産後

名前
Roborov
表題:

返信遅れまして、申し訳ないです。


投稿日時:
「管理者」さんの引用:

エサも爪も、最適というのがよく分からないですからね。

確かにそうですね。一匹だけ切りに行ってみたので、あとのやつはまだ伸びているのですが、指が曲がっている様子もなく、放置でいいのか悪いのか、よくわからないです。


「管理者」さんの引用:
うちは、ミックスフードがほぼ主食になってるんですが、太いというかデカイです。

他の種類のハムスターを観察するために定期的にペットショップに行くのですが、身体は小さいのに、爪は他より目だって見えるくらいイカツイ気がしました…
ミックスフードが主食、ってのがすごく気になります。ペレット主食のときと比較してみてロボロフスキー達はどうでしょう?


「管理者」さんの引用:
私はロボロフスキーのメスしか飼ったことがないので、写真でも比較できないですが、きっかけがあったら今度はオスを飼ってみようと思うくらい、おもしろい話ですね。

少し前から疑問だったのですが、なぜ飼育するのがメスのみになっているのでしょう。私の頭では理由が推測できなくて。。。
写真の件ですが、ハムスターや自分の生活のために少しの貯金がある程度で、現在アルバイトに励んでおります。
カメラって高いですよね。


「管理者」さんの引用:
ちなみに、エサがペレットなら、好みの違いはなさそうだから、巣穴を作ったり、よく走るのがオスという考え方もできますね。

よく走る、は、かなり合点がいきます。回し車の稼働率もナンバーワンです。ベアリング、オスが一番壊してしまいます。


「管理者」さんの引用:
メスは何かと変わりやすいですから、影響しているんだと思いますよ。
私自身が繁殖したときのことを、メモしておけば良かったと思ってます・・・。

ということは、メスの方がストレスも貯めやすいんでしょうかね、ペットショップの雌雄比較すると、メスの方がピリピリしてる子が多い気がします。うちではつついても反応するも、逃げなくなりましたけど、何かしらの影響で恐がりにならないか、ハムスターの世話をする時はけっこう気を遣っています。
メモってやはり大事なんでしょうかね、5年くらい前、初めて一人で飼育するときに、飼育書に書いてあって、飼育書の真似から始まったのですが、今は気付いたことを形振り構わず、片っ端から書きなぐっています。どうゆう風にしたら一番見易いのか、今でもわかりません。


名前
管理者
表題:

Re: 返信遅れまして、申し訳ないです。


投稿日時:
「Roborov」さんの引用:
他の種類のハムスターを観察するために定期的にペットショップに行くのですが、身体は小さいのに、爪は他より目だって見えるくらいイカツイ気がしました…

やっぱり、よく走り回るから、伸びやすい体質なんですかね?


「Roborov」さんの引用:
ミックスフードが主食、ってのがすごく気になります。ペレット主食のときと比較してみてロボロフスキー達はどうでしょう?

ロボロフスキーの場合は、育ちすぎるのと、なつきやすい以外は、今のところ変化がないように思います。
うちのハムスターはペレット以外も、昔からいろいろ食べさせていたんですが、ハムスターごとに栄養要求量が違うのに、同じエサを与えたくないというのと、うちのハムスターたちがガン以外の病気にならないので、表示義務のない添加物が原因ではないのかという推測から、ミックスフードを主食にしてますね。
実際に専門家に聞いたところ、かなり可能性の高い物が入ったペレットがあったり、可能性が低くても毎日食べさせるのに抵抗のあるペレットがあるけど、そういった統計がないので、自然に近づけるという意味もあります。


「Roborov」さんの引用:
少し前から疑問だったのですが、なぜ飼育するのがメスのみになっているのでしょう。私の頭では理由が推測できなくて。。。

メスの方が小さなトラブルを起こしやすいけど、致命的なトラブルが起こりにくいから、集団飼育する場合は、メスの方が安全だろうという理屈です。


「Roborov」さんの引用:
カメラって高いですよね。

使いやすいレンズを大事に使うと一生物ですから、満足せずに使い続けることで、良い買い物ができますね。
ちなみに私は、コンパクトデジカメ1台と、一眼デジカメ2台持ってますが、全部NIKONです。


「Roborov」さんの引用:
ベアリング、オスが一番壊してしまいます。

オスがなわばりを巡回したりするんですかね?
ロボロフスキーだけ、他のハムスターとかなり違うから、知らない習性とかありそうだし。


「Roborov」さんの引用:
ということは、メスの方がストレスも貯めやすいんでしょうかね、ペットショップの雌雄比較すると、メスの方がピリピリしてる子が多い気がします。

一言で言うと、メス逃げる、オス戦う、という感じです。
人間でもそうですが、メスは問題から逃げるし問題に気づきにくいから、ストレスを溜めにくいんですが、子供ができたときに考えが変わりやすいんです。おばちゃんを観察していれば、分かりやすいかも。
メスの方がピリピリしているように見えるのは、オスの方が冷静に対処しようとしているから、落ち着いているように見えるからだと思いますよ。


「Roborov」さんの引用:
メモってやはり大事なんでしょうかね、5年くらい前、初めて一人で飼育するときに、飼育書に書いてあって、飼育書の真似から始まったのですが、今は気付いたことを形振り構わず、片っ端から書きなぐっています。どうゆう風にしたら一番見易いのか、今でもわかりません。

ホント、難しいですよね。とりあえず、アウトラインプロセッサを使えると、少し楽ですよ。
ハムエッグの記事も、公開していない記事が公開してある記事の何倍もあるんですが、ウェブの場合は自分だけ分かっていても仕方がないし、順番通り読んでくれないから、何度も書き直しているうちに量が増えたり、文章がおかしくなったりと、中々進まないです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
Roborov
表題:

隠された添加物ですか。。。


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
やっぱり、よく走り回るから、伸びやすい体質なんですかね?

やはりそうなんでしょうかね?というより、それくらいしか検討がつかないのが、悔しいです。奥が深い。。。


「管理者」さんの引用:
ロボロフスキーの場合は、育ちすぎるのと、なつきやすい以外は、今のところ変化がないように思います。
うちのハムスターはペレット以外も、昔からいろいろ食べさせていたんですが、ハムスターごとに栄養要求量が違うのに、同じエサを与えたくないというのと、うちのハムスターたちがガン以外の病気にならないので、表示義務のない添加物が原因ではないのかという推測から、ミックスフードを主食にしてますね。
実際に専門家に聞いたところ、かなり可能性の高い物が入ったペレットがあったり、可能性が低くても毎日食べさせるのに抵抗のあるペレットがあるけど、そういった統計がないので、自然に近づけるという意味もあります。

表示義務のない添加物、に関しては私もずっと前から気になっていました。実際その手の仕事をしていないと、成分表を見て、調べることくらいでしか把握できないですよね。
うちでは時々鳥の餌しか与えないときがあるのですが、その時のほうが興奮するようでその袋を見ると、がっついて、回し車ガンガン回します。その姿を見ると毎回与えたくなります。。。健康のために、と思ってペレット主食にしていますが、それが合っているのか間違えているのか、考えると切りがなくて。。。難しいですね。
ただ育ちすぎる、ということですので、子供たちに与えてみるのは手かもしれません、ありがとうございます。


「管理者」さんの引用:
メスの方が小さなトラブルを起こしやすいけど、致命的なトラブルが起こりにくいから、集団飼育する場合は、メスの方が安全だろうという理屈です。

言葉で表現できないけれど、なんだか少しだけわかった気がしました。オスはたまにヒヤヒヤもんですし、成体はやはり、新しい床材になると少しピリピリします。父子ケージで、現在何も起こっていなくても、縄張り意識や、その手の類の個性が出始める時期が恐いですし、そうゆう意味では、集団飼育がメスの方が安全なんですかね、オスの集団飼育のことで何かあれば、報告したいと思います。


「管理者」さんの引用:
使いやすいレンズを大事に使うと一生物ですから、満足せずに使い続けることで、良い買い物ができますね。
ちなみに私は、コンパクトデジカメ1台と、一眼デジカメ2台持ってますが、全部NIKONです。

私もNIKON狙ってます、あまり嵩張らないのが欲しいので、コンパクトを狙っていますが、一眼の方は性能がずば抜けていいですね、悩みましたが、今のところはコンパクトですかね、日帰りで遊びに行ったりするし、荷物が多いのが嫌いなタイプなので。欲を言えば両方欲しいですが


「管理者」さんの引用:
オスがなわばりを巡回したりするんですかね?
ロボロフスキーだけ、他のハムスターとかなり違うから、知らない習性とかありそうだし。

メスと同居している間、繁殖期とされている時期から外れると、それまでより、あまり走らなくなったりもしていたので相手探しとかもあるんでしょうか?
性器の毛づくろいで白い半液体状のもの見たことがあるんですよね。一度ですが。その時は病気なんじゃないかと思いましたが、メスと別居を始めた時からあまりメンテナンスしなくなりました。走る量は完全に上回りましたが。
完全に推測ですけど。
そうゆう推測が楽しいのが自分でも不思議です。


「管理者」さんの引用:
一言で言うと、メス逃げる、オス戦う、という感じです。
人間でもそうですが、メスは問題から逃げるし問題に気づきにくいから、ストレスを溜めにくいんですが、子供ができたときに考えが変わりやすいんです。おばちゃんを観察していれば、分かりやすいかも。
メスの方がピリピリしているように見えるのは、オスの方が冷静に対処しようとしているから、落ち着いているように見えるからだと思いますよ。

なるほど、すごくわかりやすいです、例えなんか特に。
うちの子の性格なのかな、とか思っていましたが、オスのほうがこちらに興味持って接して来ましたね、今でもメスは餌を持っていないと気付くとさっさか行ってしまうのに、オスは手の色んな場所を毎回クンクンしてます。
ハムエッグで体臭の少ない人は~、と書かれていて、自分が少ないタイプなので、その行動を見たときは意外に体臭あるのかな、とか思ってしまいました。香水やらタバコやら混ざった臭いだと思うのでそれなのかも。


「管理者」さんの引用:
ホント、難しいですよね。とりあえず、アウトラインプロセッサを使えると、少し楽ですよ。
ハムエッグの記事も、公開していない記事が公開してある記事の何倍もあるんですが、ウェブの場合は自分だけ分かっていても仕方がないし、順番通り読んでくれないから、何度も書き直しているうちに量が増えたり、文章がおかしくなったりと、中々進まないです。



フリーのソフトか、購入できるソフトを使った方がいいでしょうか?windowsなので、当たり前の様にwordが入っています、それでもできると思うのですが、お勧めなどありますか?
未公開の記事、かなり気になります。ハムエッグの記事を読みながら考えていると、すごく時間がかかるのですが、それが面白くて。きっと管理人さんのように、公表する側だとその何倍も時間を要してしまうんでしょうね、そうゆう積み重ねを読ませていただいていると考えると、お世話になった情報が多々あるので、本当に感謝しきれないです。


名前
管理者
表題:

Re: 隠された添加物ですか。。。


投稿日時:
「Roborov」さんの引用:
表示義務のない添加物、に関しては私もずっと前から気になっていました。実際その手の仕事をしていないと、成分表を見て、調べることくらいでしか把握できないですよね。

加工品の素材は、それ自体添加物みたいな感じですから、ミックスフードでも危なっかしい物が多いしね。


「Roborov」さんの引用:
健康のために、と思ってペレット主食にしていますが、それが合っているのか間違えているのか、考えると切りがなくて。。。難しいですね。

質の悪いカ■リーメイトみたな食べ物を主食にするのが良いのかという話なので、ペレットを主食にするのはホントは間違いなんだけどね。けど、体質に合わせて下手に自分で料理を作るより、コンビニ弁当の方がバランスが良かったりするから、ペレットを主食にして穀類などを与えましょうというのが、今の妥協点ですね。


「Roborov」さんの引用:
ただ育ちすぎる、ということですので、子供たちに与えてみるのは手かもしれません、ありがとうございます。

昭和の子供より、平成の子供の方が大きいのと同じで、栄養状態が良いとペットだって大きくなるから、本当はそれが正しいんだと思う。


「Roborov」さんの引用:
オスの集団飼育のことで何かあれば、報告したいと思います。

よろしく。


「Roborov」さんの引用:
私もNIKON狙ってます、あまり嵩張らないのが欲しいので、コンパクトを狙っていますが、一眼の方は性能がずば抜けていいですね、悩みましたが、今のところはコンパクトですかね、日帰りで遊びに行ったりするし、荷物が多いのが嫌いなタイプなので。欲を言えば両方欲しいですが

携帯電話の小型化競争が無くなったのは、人が使う物はインターフェイスの役割が大切で、ある程度の大きさが必要という理由ですが、カメラも同じですね。特に、ハムスターのような小型で動きの速い生き物になると、カメラもゲーマーやレーサーのこだわりみたなところが大事になるので、小型化と使いやすさは両立ができないですよ。前にコンパクトカメラの高級機を勧めたのは、マニュアル撮影できるコンパクトカメラがあるからです。
ついでに、大きなカメラを持っていると、知らない人に話しかけられることが多くなるので、旅先でも思い出が増えます。


「Roborov」さんの引用:
メスと同居している間、繁殖期とされている時期から外れると、それまでより、あまり走らなくなったりもしていたので相手探しとかもあるんでしょうか?

他のハムスターより、エサが少ない土地に住んでいそうなので、あるんじゃないですかね?


「Roborov」さんの引用:
性器の毛づくろいで白い半液体状のもの見たことがあるんですよね。

取れた膣栓じゃないですか?


「Roborov」さんの引用:
うちの子の性格なのかな、とか思っていましたが、オスのほうがこちらに興味持って接して来ましたね、今でもメスは餌を持っていないと気付くとさっさか行ってしまうのに、オスは手の色んな場所を毎回クンクンしてます。

ロボロフスキーはオスの方が大きいから、オスは群れを守る役割があると思うので、いろんな物に興味を持って接すると思いますよ。人間のオスは趣味を持っている人が多いのと同じようなことだろうけど、それ転位行動の場合もあるから、無駄なことに執着させないことも大切ですね。


「Roborov」さんの引用:
フリーのソフトか、購入できるソフトを使った方がいいでしょうか?windowsなので、当たり前の様にwordが入っています、それでもできると思うのですが、お勧めなどありますか?

アウトラインプロセッサは使い勝手の良いソフトが無くて、自分で作ろうかと思っているくらいです。
私はほぼMacなんですが、Winならワードより一太郎の方が日本語も校正も強いので、ワープロ使うのなら一太郎がオススメですね。注釈とか入れたり、言葉の意味を調べたりと、その場でできるので結構便利ですよ。初期のハムエッグは中学生が読めるように、一太郎を使って校正したりしてましたが、Winで作業することが少ないので今は使ってないですが、今後何十年も記事を書き換える可能性があるから、バージョンアップも含め、いろいろ悩みますわ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
Roborov
表題:

お久しぶりです。


投稿日時:

オスの集団飼育で、少し感じた事があったので、報告をしたいと思います。新規スレを立てようとも考えましたが、無駄スレになるかもしれないのでこちらで。

去年の7月から親父に当たるハムスターと、息子に当たるハムスター2匹を集団飼育してきましたが、10月末くらいでしょうか、その息子の中の一匹が親父に追っかけまわされる事が増えてきました。
親父の方は噛み付こうとしているのではなく、追いついては臭いを嗅いでいるようでしたので、しばらく観察していたのですが、どうやら息子の方が親父の臭いを嗅いだその後、そのチェイスが始まるみたいで、今まではしなかった床材や、ケージ内に対する、臭い付けをその息子が頻繁にするようになったので、ちょっと強弱はあるものの、お互い縄張りを意識しだしたのかな、と思い、その後、大きな事になる前に、その息子を単独飼育にし、落ち着きました。
やはり個体差はあるもので、もう片割れの息子は一匹だと落ち着かないようで、仲が良さそうだったので、親父と一緒にしておきました。

年があけ、親父ハムスターが2年1ヶ月の歳月で、亡くなってしまいました。12月ころから落ち着きが無くなったり、最後の方は、動きもにぶかったりと、死後、検査してもらうと、やはり、老衰ということでした。
親父と一緒にしていた子はやはり落ち着かないみたいだったので、まだ仲が良いかな、と思っていた、先に単独飼育をしていた子に、縄張りのない床材を変えたてのケージであわせてみたところ、お互い威嚇から始まり、臭いを嗅がずにパンチングしだしたので、結局オスは最終的に全て単独飼育となりました。

メスにかんしては、じゃれあう事はほんのたまにあるものの、ほとんど落ち着いていて、今でもグループが別れる事なく、みんなでべったりしているので安心なのですが、やはりオスに集団飼育をさせるのは難しいですね。
ペットショップでよくバラになって売られている子もオスが多いみたいですし。