ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ロボロフスキーの妊娠経過と出産後

名前
Roborov
表題:

本当にありがとうございます


投稿日時:

ぱぱおさん、こんばんわ。


「ぱぱお」さんの引用:
まず、ケージの囲いについてですが、
これは常時です。ただし、朝になったときにケージの上部を少しずらし光が入るようにしています。ケージの1/3~1/4くらいに光が少し入る程度です。ダンボール箱の場合ですと、ちょうど耳の一部分だけ開いているような形(わかりにくいですね・・・)です。意味は、やはり視界や匂いなどで不用意に刺激を与えないためです。

いえ、十分わかりやすいです。
気温の管理としては布製の物を、使いたいのですが(我が家の場合、室内が、室外よりかなり暖かいので)、水槽ケージで、布製・・・となると朝になったとき上ではなく下に少し光を入れる形になってしまいそうなのですが、やっぱり、それでは母ハムはびっくりしてしまいそうですよね。工夫してみて、上から光を射す感じにしてみたいと思います。


「ぱぱお」さんの引用:
発情条件として光は重要だと思いますが、出産後は薄暗くても安心して育児に専念できることを優先して判断しています。出産前、出産後、いずれも薄暗いほうで落ち着いているので特に光の心配はしていません。そして夕方以降はまた上部を隠して暗くしています。

「ぱぱお」さんの引用:
別居の方法ですが、
完全に別のケージに引越しです。メスは元のケージのままでオスが引越しですね。これ以降はオス、メスは隔離状態です。ケージの置き場所も完全に別です。できるだけ匂いもしないようにしています。(囲いには匂いの遮断の意味もあります。効果は?ですが。)やはり出産時は他のロボの匂いはしないほうがいいのかなぁ、と判断しています。
近くでお互いの存在を認識してしまうと逆に気が散るのでは・・・本当は寂しいのかもしれませんが・・・。

育児に専念、確かにそうですね。
今日なんかは帰ってくると、いつもは作らないんですが、巣箱に巣材を詰め込んで、綺麗な巣を作っていました。そろそろ、出産が近いのかもしれません。

なるべくオスの臭いが移らない様な仕切りに代えて様子を見ていますが、臭いのわかるときと比較すると、かなり落ち着いているようです。

このトピックに初めて書き込みしてからも、かなりの量の情報を読んでいたのですが、やはり、妊娠期間は20~22日らしいですね。謝らなければいけないこととして、前に書いた情報が少し違っていて、12時を回ると妊娠19日目になります。大変失礼しました。

オスと同じ水槽で、仕切りだけある状態ですが、もし今日~明日早朝での、出産の場合、いきなり環境が変わると帰ってストレスになるかもしれないので、現状を維持したまま、様子を見ようと思っております。

寂しいかは、本当によくわからないですよね、ロボの場合、不安、とも取れるような気がして。オスは仕切りをつけた当初、メス部屋にべったりでしたが、今では食も通常通り、行動時間も、糞尿ともに健康で、落ち着いているようです。


「ぱぱお」さんの引用:
そして産後10日くらいしてから囲いをはずして通常の環境に戻しています。ベビーの目が開き光を感じる頃かなぁ、の判断です。

そうですね、ロボの場合、生後14日程で、聴覚、視覚とも大人にかなり近い状態になるそうなので、10日から、遅くとも、12日くらいまでには普通に戻しておいた方が良さそうです。懐中電灯に赤いセロハンでも付けて、成長過程をこっそり見て、判断してみます

餌や、水換えの時間帯が、今のように夜10時を回ることが、割と普通なのですが、その際、ぱぱおさんの場合、ダンボールですと、光をいきなり射したら驚かせてしまいそうなのですが、どのようにしていますか?何度も申し訳ないのですが、工夫なされている点などあれば、お教えください。

名前
ぱぱお
表題:

続・我が家の例


投稿日時:

Rovorovさん
またまたぱぱおです。

エサや水換えの時は・・・
特別な方法は無いのですが、
・部屋の蛍光灯に対して背を向けて私の影で暗くしながら
 交換する(笑)
・古バスタオルを手に持ちながら(影を作りながら)交換する。
といったところでしょうか・・・。
工夫と言えるかどうかわかりませんが、
昼間に明るくするところにエサ入れ、水入れを設置しています。毎回薄暗くなる場所に巣穴を掘って出産しているので、明るい場所に設置してあれば出産場所から自然と遠くなるからです。
初めての出産のときに、出産場所付近にエサ入れを置いていて交換時に誤ってエサ入れごとひっくり返してしまったことがありヒヤヒヤしました。(幸いベビーに影響はありませんでしたが)近いほうが食べやすいかなぁと思ったのですが・・・大きなお世話だったのかもしれません。
少し離れていても安全なほうがいいですよね。

とりあえず、このような感じですね。
我が家で生まれたロボが大半なので、比較的まったりロボが多くどこまで参考になるかわかりせんが・・・。

名前
Roborov
表題:

まったりとは・・・!


投稿日時:

毎度ありがとうございます。


「ぱぱお」さんの引用:
エサや水換えの時は・・・
特別な方法は無いのですが、
・部屋の蛍光灯に対して背を向けて私の影で暗くしながら
 交換する(笑)
・古バスタオルを手に持ちながら(影を作りながら)交換する。
といったところでしょうか・・・。

同じことを考えていました(笑)。どうも明るくても、飼い主の影であろうが安心するのか、目の前に観察がてら、しばらく立っていると必ず、影のところで尻餅ついて、まったりしだします。実践してみます。


「ぱぱお」さんの引用:
工夫と言えるかどうかわかりませんが、
昼間に明るくするところにエサ入れ、水入れを設置しています。毎回薄暗くなる場所に巣穴を掘って出産しているので、明るい場所に設置してあれば出産場所から自然と遠くなるからです。

偶然というか、そうゆう風に設置してありました。水槽ケージなので、蓋が二分割されていて、向かって奥側の方だけ常に蓋がしてあるので、交換しやすいようにと、餌いれ、給水ボトル、砂場は手前側にありますね。唯一怖いのは、巣の引越しのとき、砂場を使われると、警戒されそうです。。。


「ぱぱお」さんの引用:
初めての出産のときに、出産場所付近にエサ入れを置いていて交換時に誤ってエサ入れごとひっくり返してしまったことがありヒヤヒヤしました。(幸いベビーに影響はありませんでしたが)近いほうが食べやすいかなぁと思ったのですが・・・大きなお世話だったのかもしれません。
少し離れていても安全なほうがいいですよね。

そうですね、妊娠していないときでも気付かれないように色々世話してました。
私もよく餌箱が陶器製であることから、滑りやすいので、気をつけないといけませんね。冷や汗の臭いでも感じられないように(笑)。


「ぱぱお」さんの引用:
我が家で生まれたロボが大半なので、比較的まったりロボが多くどこまで参考になるかわかりせんが・・・。

我が家のロボは、なぜか両方ともおっとりしていて、隠れたり、逃げ回ったり、威嚇したり、パニックになったりしたことがありません(我が家に来た日を除いて)。以前、時間が無い日が続いていた時、土をふるいでこすんですが、ハムたちがいるのに、その作業をしてしまったときがあって、それでも一度は警戒態勢を取ったものの、すぐに眠りに付きまして。餌を手に乗せている場合も取りに着ますし。実は別にメスが一匹いるのですが、そちらは典型的なビビリで、そちらと比較すると天と地ほどの差があります;


「ぱぱお」さんの引用:
とりあえず、このような感じですね。

本当にありがとうございます。後日、進展がありましたら、書き込ませていただくので、時々様子を見ていただけると幸いです。

名前
Roborov
表題:

現状の過程


投稿日時:

進展があったので、ご報告を。

急激な巣作りを確認。
どうやら以前からケージに入れてあった巣材を二つの場所に溜めているようです。いつも寝ていた巣箱にも2日程前から溜め始めばっちり巣材は入ってままで、違う外に出ていた巣材を、今度は砂浴び場に集めているようです(もしかして、ここが出産場所か!?)。やはり、未だに床材を掘って、寝ていたケースもなく、掘っていないようです(環境が悪いのかも)。
ぱぱおさんの言うとおり、本日0時付けで妊娠20日目ですので、この当日か翌日なら、今夜中~明日の夜までに産まれるかもしれませんね。
砂場での育児は何個が事例があるのでちょっとわかりやすいですが、やはり、寝床にしていたところは餌の貯蔵庫なのでしょうか、謎ですね。

あれからケージを暗く、静かになるような環境を作りました。この進行過程は赤いLEDで観察していて、どうやらハムは感知していないようです。

名前
Roborov
表題:

出産しました…?


投稿日時:

みなさん、おはようございます。

今朝赤ちゃんと思われる鳴き声を確認いたしました。昨日午後9時~今朝5時にかけて出産した模様。
ぱぱおさんのおっしゃるとおり、妊娠20日後半~21日前半にかけての出産です。何匹かは当分確認できませんが。
ちなみに文鳥用巣箱のような大きさのダンボール製の巣箱を入れておいたら、出産前日から巣箱に巣材を運び、出産場所にしていました。ケージ内に掘ったような後はなく、自然と巣箱を選んだようです。ケージは底面積(45×30cm)の水槽ケージで、30cmの方を明るい方(前面)にしています。ケージにかけるブランケットは普段から前面以外かぶせた状態で、餌などの交換は前面7,8cmを開けて音を立てないようにしています。
鳴き声が小鳥みたいでした
静かに世話を続けたいと思います。

みなさんのおかげで出産の前兆と捕らえられるような行動を把握できたので伏せて感謝いたします。