ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

右耳後ろのハゲ


名前
管理者
表題:

Re: 外耳炎か腫瘍か。投薬の方法


投稿日時:
「ガチャピン」さんの引用:
昨日、ちょうどモルモット君を連れた家族と待合室で話をしたのですが、その子も皮膚の炎症で来ていて、原因は虫のようでしたが(受付で駆虫剤と言われていたので)
そのモルモット君のところも投薬に苦労していたようで口に入れても吐き出すと悩んでました。
受付で渡された薬はブレンドを変えたようで、うちが出された薬と同じ色でした。

ニオイを付ける何かが違うんですかね?
うちは粉薬を含め、そんなに苦労した覚えがないので、私が通っている獣医が優秀なだけなんですかね?


「ガチャピン」さんの引用:
あ。後お聞きしたかったのですが、抗生剤を飲んでいるときは乳酸菌を取った方が良いというアドバイスを、ハム仲間さんから頂いたのですが、乳酸菌ってヨーグルトとかですよね?
うちは与えたことが無いものを今更与えるのにちょっと抵抗があって。
昨日獣医さんに聞こうと思ってたのに、薬のブレンドのことで頭がいっぱいで言い忘れてしまいました。
抗生剤は良い菌も殺すからという話だったのですが。

ありがちな、おばちゃん発想でしょうね。
私も気になって調べたことがあるんですが、根拠がそれっぽいのしかなくて、専門家に聞いたんですよ。

抗生物質とヨーグルトの話は昔からあって、その根拠が、抗生物質はお腹を壊しやすいから、予防にヨーグルトを食べさせるといったことなんでしょうけど、ハムスターの消化システムでは、細菌が腸まで届かないので、意味がないらしいです。
その反対に、乳製品が作る粘膜のせいで薬やエサの吸収率が落ちることの方が心配です。また、もし細菌が腸まで届くとしても、ハムスターのような下痢で亡くなってしまう動物にとっては、貧乏だけど仲良くやっている細菌夫婦を、三角関係にしてしまうようなもので、余計に危ないです。
薬が必要なときは、確実に効果を出させて、早く薬を止めることが大切です。

乳製品って意外と消化に悪いので、元気なときにタンパク質を補充する意味で、たま〜に与える程度ならいいんですけど、常食させたり、ましてや病気の時に与えるのは、かなり危ないと考えるべきですね。


「ガチャピン」さんの引用:
私もアレルギーとかではないから、この床材が何か悪さを働くことは無いと思ったのですが、耳の治療を優先させたら先生が言うようになるのかなーなど、ちょっと良く分からなくなってきてます。

耳が、こすれることだけを気にしているのなら、どっちを使っても、あまりこすれないでしょうから、直接的なことだけなら、どっちでも同じでしょうね。
けど、抗生物質の下痢とか、合併症とかを気にしているのなら、細菌が無駄に増えない環境を選ぶべきですね。


「ガチャピン」さんの引用:
栗玉ですか。一緒に買ってみます。
分かりました。レビューを書いてる方もいらっしゃったんですがね。凄く良かったですと。

ヨーグルト与えるより、よっぽどいいので、ミルワームを与えられない人には、かなりオススメ。
量販店で売ってるような、色粉やニオイでごまかしている物とは違って傷みやすいので、開封して1ヶ月したら捨てるようにしましょう。
よく見ると変換ミスが。「粟玉」じゃなくて正しくは「粟卵」ですね。商品名は「手●りあわたま」です。
ちなみに、大阪会社で店頭販売もしてるはずなので、行った方が楽かも。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ガチャピン
表題:

Re: 外耳炎か腫瘍か。投薬の方法


投稿日時:

管理者様、返信ありがとうございます。


「管理者」さんの引用:
ニオイを付ける何かが違うんですかね?
うちは粉薬を含め、そんなに苦労した覚えがないので、私が通っている獣医が優秀なだけなんですかね?

人間からするとその薬、無臭なんですけどね。
ハムスターは分かってしまうのか。。。
薬の調合も医療センスってことなんですかね。


「管理者」さんの引用:
抗生物質とヨーグルトの話は昔からあって、その根拠が、抗生物質はお腹を壊しやすいから、予防にヨーグルトを食べさせるといったことなんでしょうけど、ハムスターの消化システムでは、細菌が腸まで届かないので、意味がないらしいです。
その反対に、乳製品が作る粘膜のせいで薬やエサの吸収率が落ちることの方が心配です。また、もし細菌が腸まで届くとしても、ハムスターのような下痢で亡くなってしまう動物にとっては、貧乏だけど仲良くやっている細菌夫婦を、三角関係にしてしまうようなもので、余計に危ないです。
薬が必要なときは、確実に効果を出させて、早く薬を止めることが大切です。

乳製品って意外と消化に悪いので、元気なときにタンパク質を補充する意味で、たま〜に与える程度ならいいんですけど、常食させたり、ましてや病気の時に与えるのは、かなり危ないと考えるべきですね。

なるほど。詳しい説明ありがとうございます。
とりあえず、薬あげて早く治すことが先決ですね。


このエリアの閲覧は会員専用に設定されています。
閲覧するには、[ ログイン ] してください。


ストレスなく早く治そうと、あれから毎日団子をあげてます。

サツマイモもカボチャ団子も、半分は齧ってくれていますが完食はしてくれないので、夜間分は保定して飲ませています。
飲ませ終わった後にお詫びでヒマワリの種かミルワームあげてます。
この作戦まずいのかもしれませんが。


「管理者」さんの引用:
耳が、こすれることだけを気にしているのなら、どっちを使っても、あまりこすれないでしょうから、直接的なことだけなら、どっちでも同じでしょうね。
けど、抗生物質の下痢とか、合併症とかを気にしているのなら、細菌が無駄に増えない環境を選ぶべきですね。

患部はだいぶ良いです。はげちゃってますが。。。
ちょっとずつでも生えてくることを願いつつ。

今週末で掃除から2週間経つので、ケージの半分の床材を変える予定です。
油断は禁物ですが、今下痢もしていないし、おしっこも出ているので、耳周辺以外は元気です。


「管理者」さんの引用:
ヨーグルト与えるより、よっぽどいいので、ミルワームを与えられない人には、かなりオススメ。
量販店で売ってるような、色粉やニオイでごまかしている物とは違って傷みやすいので、開封して1ヶ月したら捨てるようにしましょう。
よく見ると変換ミスが。「粟玉」じゃなくて正しくは「粟卵」ですね。商品名は「手●りあわたま」です。
ちなみに、大阪会社で店頭販売もしてるはずなので、行った方が楽かも。

栗じゃなくて粟ですね。。。
読み間違いしてました。恥かしい。。。
お店の場所確認してみたら、車で行ったら割と近いようなので、今月末に行くことにしました。

今週末再診です。
その結果また報告させてください。

★我が家のハム→ジャンガリアンのサファイアブルーの女の子
★ご飯→長期飼育用ペレットとキャベツと鳥のエサ。たまにミックスフードとミルワーム
★床材→広葉樹
★ケージ→爬虫類用

可愛くてたまらないですが、悩み考えつつ飼育中。

名前
管理者
表題:

Re: 外耳炎か腫瘍か。投薬の方法


投稿日時:
「ガチャピン」さんの引用:
薬の調合も医療センスってことなんですかね。

甘やかしすぎ、ということもあるのを忘れずに!


「ガチャピン」さんの引用:
私自身(人間ですけが)抗生物質で下痢したことないので、下痢になる認識が無かったです。勉強不足でした。

隠すほどのことじゃないですね。
抗生物質は細菌を殺す薬で、どの抗生物質も腸内細菌に影響を与えるらしくて、人間の場合はだいたい抗生物質と整腸剤がセットで処方されます。
私はすぐにおなかを壊すので、注意しているんですが、抗生物質より甘味料の方が危ないです。中にはよく分からず、甘味料入りの食べ物と混ぜている人もいるだろうから、結構怖いですね。


「ガチャピン」さんの引用:
ハムスターだとなりやすいってわけでは無いですよね?もしかして抗生物質で下痢というより、投薬のストレスで下痢ってこともあるんですかね。見る人によって誤解が生じるかなと思って不可視にしました。

自分(ガチャピンさん)に対しての抗生物質の影響に対して無関心だったのに、ハムスターが影響を受けやすいと知っていることで、ハムスターがなりやすいと証明できていると思いますよ。
ハムスターは腸内細菌の影響を影響を受けやすく、亡くなったハムスターも多いから、そんなことが常識になっているんだけど、詳しいことが分からないから、その対処方法が曖昧なんだろうけどね。
当然、投薬時のストレスもあるし、甘味料入りの食べ物と混ぜて、さらに悪化させていたり、効果を下げて副作用を大きくする食べ物と混ぜたりと、してしまうんだと思います。
人間の場合でも、薬は食後に水で飲むのが普通なのは、そんなのがあるんですよ。


「ガチャピン」さんの引用:
サツマイモもカボチャ団子も、半分は齧ってくれていますが完食はしてくれないので、夜間分は保定して飲ませています。

保定して飲ませると、首を絞めてノドに液体を流し込んでいる状態になって、それで窒息死させた人もいるので、できるだけ普通に与えられるように努力しましょう。
興奮して弱っている状態になっているので、即効らしいですけどね。


「ガチャピン」さんの引用:
飲ませ終わった後にお詫びでヒマワリの種かミルワームあげてます。
この作戦まずいのかもしれませんが。

それはダメだと思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ガチャピン
表題:

Re: 外耳炎か腫瘍か。投薬の方法


投稿日時:

バタバタしてまして返信が大変遅れました。
すみません。

管理者様、返信ありがとうございます。

その後、うちのハムスターの経過なのですが、右耳はほぼ完治。おできは大きくなったら取るということで様子見です。大きさが変わるということは今のところ無いので恐らく大丈夫と思われます。

左耳も調べてみると少しジュクジュクしているので今はそちらの治療中でまた2週間後に再診です。


「管理者」さんの引用:
甘やかしすぎ、ということもあるのを忘れずに!

それが多いにある気がしました。

管理者様の抗生剤についての返信、とても勉強になりました。

あの後、今はまた違う薬なのですが、右耳の炎症が長引いて、抗生剤を飲ませる期間が一週間ほど長くなってしまったので、獣医さんから同じ抗生剤に乳酸菌も入れておくと言われました。
そのおかげかうちの子は下痢などは全くせず済みました。
病院で入れられると知ってびっくりです。

左耳の治療は、前回とは違う薬で行っています。

獣医さんに消毒をしてもらったらすっかり綺麗になってたので、あと少しという感じです。


「管理者」さんの引用:
保定して飲ませると、首を絞めてノドに液体を流し込んでいる状態になって、それで窒息死させた人もいるので、できるだけ普通に与えられるように努力しましょう。
興奮して弱っている状態になっているので、即効らしいですけどね。!

なるほど。出来るだけ自分で飲んでもらえるように頑張ります。
新しい薬もスプーンに出してみたのですが、匂いを嗅いだ後に足で踏まれました。また団子作戦です。


「管理者」さんの引用:
それはダメだと思います。

そうですよね。とりあえずそれはやめました。

★我が家のハム→ジャンガリアンのサファイアブルーの女の子
★ご飯→長期飼育用ペレットとキャベツと鳥のエサ。たまにミックスフードとミルワーム
★床材→広葉樹
★ケージ→爬虫類用

可愛くてたまらないですが、悩み考えつつ飼育中。