ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

右耳後ろのハゲ

名前
ティラミスプリン
表題:

Re: 右耳治療経過


投稿日時:

はじめまして。
ガチャピンさんがハムの為に良かれと思ってしている事が相当なストレスになっているのではないでしょうか?
飼育環境に慣れる前にあちこちいじくりまわされてハゲる程の攻撃を受けている状態なのでは…。

似たような症状で知人の飼育しているハムスターがハゲています。
あれが良さそうこれが良さそうとケージ、トイレ、巣箱、床材、給水器、齧り木、餌などを交換したりケージ内のレイアウトをちょくちょく変えたりしているうちにハゲだしました。
ハゲた!なんで?と病院へ行き診察するもアレルギーでもダニ、カビでもなく原因不明との診断。
そこで清潔さが足りなかったと自己分析し毎日床材、巣材を全交換。
みるみるハゲは広まりました。
ちなみに知人も餌の時は寄ってくるから
手の上で遊ぶの好きみたいだしと言っています。

知人のハムは私が預かり水交換と餌補充だけを繰り返した結果、2週間程で元通りフサフサに戻りました。

ガチャピンさんのハムスターが同じ状態かはわかりませんが参考になればと思いレスしました。

名前
ガチャピン
表題:

Re: 右耳治療経過


投稿日時:

ティラミスプリン様!返信ありがとうございます。


「ティラミスプリン」さんの引用:
はじめまして。
ガチャピンさんがハムの為に良かれと思ってしている事が相当なストレスになっているのではないでしょうか?
飼育環境に慣れる前にあちこちいじくりまわされてハゲる程の攻撃を受けている状態なのでは…。
似たような症状で知人の飼育しているハムスターがハゲています。
あれが良さそうこれが良さそうとケージ、トイレ、巣箱、床材、給水器、齧り木、餌などを交換したりケージ内のレイアウトをちょくちょく変えたりしているうちにハゲだしました。

確かに、飼ってすぐは(3月)触ったり手に乗せたりしてましたが、今はほとんどしていません。ここで勉強してからはすぐに止めました。
ご飯入れ替え中にケージの外に出てきてしまった時などは手で受け止めてしまっていますが、通常はご飯とトイレとお水の交換のみで毎日の接する時間は5~10分です。

ケージのお掃除をされるのは嫌なのは分かっているのですが、巣箱の周りにうんちを捨てていて、うんちだらけになってしまうので、一週間に一回はうんちをしてある部位だけ床材を交換しています。

少しの掃除だけで巣箱で一時的に寝なくなったりします。大体1日経てば元に戻りますが・・・。

他に比較対照が居ないのでなんとも言えませんが、タオルをかけてあげないと回し車に乗ったりしませんし少しデリケートなのかと思っています。
観られるのもストレスになると思っているので、なるべく見ないようにしています。
主人が良く覗くので注意はしていますが。。。

ケージを今のケージに変えたのは今月始め、レイアウトを変えたというか、給水器フォルダーがケージと同時に届かなかったので、追加で先週入れて・・・中事態は動かしたりはしていません。


「ティラミスプリン」さんの引用:
ハゲた!なんで?と病院へ行き診察するもアレルギーでもダニ、カビでもなく原因不明との診断。
そこで清潔さが足りなかったと自己分析し毎日床材、巣材を全交換。
みるみるハゲは広まりました。
ちなみに知人も餌の時は寄ってくるから
手の上で遊ぶの好きみたいだしと言っています。
知人のハムは私が預かり水交換と餌補充だけを繰り返した結果、2週間程で元通りフサフサに戻りました。

ガチャピンさんのハムスターが同じ状態かはわかりませんが参考になればと思いレスしました。


一応昨日から考えた自分なりの分析では、我が家は主人の帰りが遅いのと(深夜1時過ぎ)、エアコンがある部屋がリビングのみなので、ケージをリビングに置いているので、明るすぎたりしているのが原因かと思いました。

それを軽減させる意味でもタオルをかけています。

リビングの電気はハムが来てからはつけていないのですが、キッチンの電気はつけているので、完全には暗くならないのです。。。テレビは音量最小限で観ています。

今の状態でも接する時間が長いのなら、床材の交換は一ヶ月に一度にしようかな・・・と。
あと明るさに関しても、我々の寝室に移動させようかと思います。もう少し落ち着いたら。

昨日記事を書いた後すぐに獣医さんに連絡したら、薬をつけたことによって本人が物凄く気にして砂浴びを激しくしちゃったりしているようだから、一旦薬やめましょうとなりました。

先生の「耳が何か気になってるのかな・・・」が飼い主的にちょっと引っかかっています。

両耳の後ろに同時に赤みが出たのに、右側だけが治らないので。

とりあえずストレスになりそうな可能性のことは一切やらないようにします。


アドバイスありがとうございました!!!

★我が家のハム→ジャンガリアンのサファイアブルーの女の子
★ご飯→長期飼育用ペレットとキャベツと鳥のエサ。たまにミックスフードとミルワーム
★床材→広葉樹
★ケージ→爬虫類用

可愛くてたまらないですが、悩み考えつつ飼育中。
名前
ティラミスプリン
表題:

Re: 右耳治療経過


投稿日時:

こんばんは。
知人とは違う意識を持たれているので参考にならない例を出してしまいました。すいません
ガチャピンさんの接し方や改善策は悪い方向に向かうとは考えにくいです。
一つだけ気になったのはハゲが治るまでは砂場は撤去してみたらどうでしょう?
焦らず気長に回復を待ってみるのもいいかもしれません。

頑張って下さいね。応援しています

名前
ガチャピン
表題:

Re: 右耳治療経過


投稿日時:
「ティラミスプリン」さんの引用:
こんばんは。
知人とは違う意識を持たれているので参考にならない例を出してしまいました。すいません
ガチャピンさんの接し方や改善策は悪い方向に向かうとは考えにくいです。
一つだけ気になったのはハゲが治るまでは砂場は撤去してみたらどうでしょう?
焦らず気長に回復を待ってみるのもいいかもしれません。

頑張って下さいね。応援しています

いやいや。
返信くださって嬉しかったです。
まだ、私が自覚していないだけで、ハムにストレスを与えていることがあると思いますから・・・(´ε`;)
見直すキッカケにもなるので、意見をいただけるのはありがたいことです。

砂場に関しては、ちょっと考えてみます☆

明るさに関しては、ハムが居るところにロールカーテンのようなものを付けてみることにしました。

あと、今日ケージ内のハムを主人がチェックしたら、「別に酷くなってないよ」と言われて・・・私の気にしすぎかもしれませんorz

出たがりなのかヒマなのか、ケージの入り口もかじり出したので、考える課題がいっぱいですorz
ハムに良い影響が出ればと、今日からミルワームの飼育を始めました・・・。


本当、アドバイスありがとうございました!!!


説明
いつも行くペットショップのお姉さんから10匹わけてもらいました。
パン粉とハムスターの余ったペレットを入れてあげてます。どうなるかドキドキ。。。
ダウンロード回数
8回
ファイル形式
JPEG
★我が家のハム→ジャンガリアンのサファイアブルーの女の子
★ご飯→長期飼育用ペレットとキャベツと鳥のエサ。たまにミックスフードとミルワーム
★床材→広葉樹
★ケージ→爬虫類用

可愛くてたまらないですが、悩み考えつつ飼育中。

名前
管理者
表題:

Re: 右耳後ろのハゲ


投稿日時:
「ガチャピン」さんの引用:
あと、回し車の後ろについていたゴムの吸盤を粉々に噛み千切っていたので見えている分は全て捨てました。

ゴム類を齧るのは、ストレスが溜まっている証拠ですよ。


「ガチャピン」さんの引用:
偶然、ハム本人が底に敷いていた新聞をちぎって、こうなってました。。びっくりしました。

新聞紙の「ワ●ガ」が、ハムスターがアピールしているのかと思えて、楽しかったですが。


「ガチャピン」さんの引用:
観たくてもかまわないように、最小限のお世話にとどめているのですが、彼女にそれだけストレスを与えているということでしょうか。。。

飼い主が見えるということは、ハムスターが隙を作れないので、ストレスを溜めやすい環境なんでしょうね。
ケージのレイアウト写真を見ても、もっと死角を作ってあげるべきだと思いますよ。


「ティラミスプリン」さんの引用:
ちなみに知人も餌の時は寄ってくるから手の上で遊ぶの好きみたいだしと言っています。

罪の意識がないから、そういう思いこみが一番怖いですよね。


「ガチャピン」さんの引用:
他に比較対照が居ないのでなんとも言えませんが、タオルをかけてあげないと回し車に乗ったりしませんし少しデリケートなのかと思っています。

ハムスターの正確を判断するには、まだまだだと思うので、それも思いこみだと思いますね。
回し車に乗りながらでも、人間を監視しているので、人が見ていても走りますよ。
とりあえず、タオルをやめて、ケージの中に障害物を作ってやらないとダメですね。
なにげに巣箱を置いていると思いますが、巣箱は端に置いて、入り口は後ろ向きにするのが正しい設置方法ですよ。


「ガチャピン」さんの引用:
今の状態でも接する時間が長いのなら、床材の交換は一ヶ月に一度にしようかな・・・と。

1ヶ月の1度でも、多いくらいですよ。
後、床材に紙を使ってますが、紙を使わず量を増やしましょう。少なすぎますね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。