ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

キャンベル?ジャンガリアン?

名前
みゆう
表題:

遅れました。


投稿日時:
「管理人」さんの引用:
基本的に売るための情報なので、悪いところを業者は書かないですからね。

なるほど…
嘘は書かないけど、都合の悪いことも書かないんですね…


「管理人」さんの引用:
それと、購入したペットショップで、ジャンガリアンなのかキャンベルなのかを聞いてみて、その答えを書いてもらえませんか?

先ほど電話してみました!
「シナモンのジャンガリアンです」と答えられたので、「キャンベルやハイブリッドではないんですか?もしそうならエサなどを変える必要があるので教えていただきたいんですが…」と言ってみました。
業者に聞いてみるので折り返し連絡しますと言われ、数分待ち…
かえってきた答えは「お店にも業者にもシナモンジャンガリアンという名前で入ってきているので、ジャンガリアンだと思いますけど…」です。

種名偽って売るのって犯罪にはならないんですかね?orz


「ビス」さんの引用:
顔つきがうちにいたハイブリッドに似ています。

ほんとそっくりですね!
シナモンもキャンベルとは全然顔つきが違います…
シナモンもハイブリッドなんでしょうね。

よかったらハイブリッドの子を育てる時に気をつけていたことなどあったら教えていただけませんか?
ネットで調べてみたのですが、繁殖についてのことがほとんどで、育て方や注意事項などがなくて…
個体によって状態は全く違うとは思うのですが、参考にさせていただきたいです。

とくにエサなんですが、キャンベルは糖尿になりやすいのでひま種はかなり控えめにした方がいいんですよね?
ではハイブリッドはどうしたらいいのか…と悩みます。
今はペレット、乾燥野菜(キャベツのしん、ニンジン)、ひま種(小指の爪より小さいサイズのもの)2~3粒、粟、ゴマ、大麦を与えています。
週に一度、ニボシ1匹やドライフルーツ(バナナか林檎を1片)、ベビーコーンをあげています。

名前
すもも#
表題:

信頼のおける病院を!


投稿日時:

こんにちは。お役に立てれば!と思いまた返信しました。

ハイブリッドはムリな出産である為、繁殖能力を持たない子が生まれることもあるとか無いとか…。

難しいことは素人だけではムリなので、自分が信頼できる病院で聞いてみるのが一番だと思います。

まだそのような病院が見つかっていないなら、今のうちに探したほうが良いのではないでしょうか?
もしもの時に安心して病院に連れて行けるので損はしないと思います!

栄養面なども気にかけすぎると、裏目に出てしまう時もあるので、やはり動物のプロ、獣医さんに相談するのが一番だと思います。

なんか…。こんなアドバイスでごめんなさい。
シナモンちゃんとの生活、頑張ってください。
応援します!

では。さようなら

文におかしなところがあったらバシバシ指摘してください!
名前
みゆう
表題:

Re: 信頼のおける病院を!


投稿日時:

返信ありがとうございます!


「すもも#」さんの引用:
難しいことは素人だけではムリなので、自分が信頼できる病院で聞いてみるのが一番だと思います。

一度便検査に行った病院が丁寧に対応してくださったので、そちらにも相談してみようかと思います。
ペットショップに聞いてもダメそうですし…orz
ハムの患者さんも多く、夜間や救急も対応しているのでいざという時も頼りになってくれそうです。
ただ、車で40分と遠いんですよね…近くにハムをみてくれる病院がないので仕方ないことではあるんですが。


「すもも#」さんの引用:
シナモンちゃんとの生活、頑張ってください。
応援します!

ありがとうございます
がんばります!


名前
管理者
表題:

Re: キャンベル?ジャンガリアン?


投稿日時:
「ビス」さんの引用:
耳周りと毛色がキャンベル、うちの子は上半身がキャンベルで下半身がジャンガリアンの、奇妙な子でした。

遺伝子を組み替えられた、昆虫を思い出してしまった。


「ビス」さんの引用:
購入個体で、生後半年もたって安売りしていたのを引き取ったのですが、そのお店は「ハイブリッドです」と名乗っていただけまだましでした。(そのせいで買い手がつかなかったわけですが…)

それが悪い教訓になって、知ってても言わずに売るといったことに……。


「みゆう」さんの引用:
嘘は書かないけど、都合の悪いことも書かないんですね…

知っていることを言わないのは、嘘と同じだし、嘘がまかり通るのが、ペット産業ですよ。


「みゆう」さんの引用:
かえってきた答えは「お店にも業者にもシナモンジャンガリアンという名前で入ってきているので、ジャンガリアンだと思いますけど…」です。

そう返ってくると思ってましたが、その通りでした。
キャンベルは噛むというイメージがあって、キャンベルだけどジャンガリアンと名前を付けて売ることもあるそうです。また、キャンベルのブリーダーは個人が多いらしく、流通方法も怪しいですけどね。


「みゆう」さんの引用:
嘘よかったらハイブリッドの子を育てる時に気をつけていたことなどあったら教えていただけませんか?

ハイブリッドだからという、答えはないでしょう。
ハイブリッド例外で、生き物だから、前例は参考にならないと考えないと。


「みゆう」さんの引用:
とくにエサなんですが、キャンベルは糖尿になりやすいのでひま種はかなり控えめにした方がいいんですよね?

そういう考え方が、今回のトラブルの根本的な理由になっているところに、気づくのが最優先です。
みゆうさんは被害者でなく加害者で、ペットの飼育は、形式ではないですよ。
死んで解剖して、初めて答えが出るので、飼い主がコントロールするのではなく、ハムスターが自分で種の1粒からコントロールできるように、心に負担を与えないような飼育をして、エサは良質なミックスフードを与えないとダメですよ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。

名前
ビス
表題:

Re: 遅れました。


投稿日時:

育て方ですが、餌はペレット中心の、小鳥のえさ(アワ・ヒエ)+ハトのえさ(コーン・そばの実など雑穀)です。
私自身、あまりハムスター飼育の経験が多くないので、ペレットを軸に獣医さんに勧められた鳥のえさを与えていました。
ハイブリッドの子はハトのえさが好きでしたが、これは個性の一つで、種類によるものではないと思います。

繁殖に影響の出やすい種類なので、うちの子もやっぱり卵巣に病巣が見つかり、取り出す手術をしました。
病気の原因を調べているうちに高タンパク質のえさが原因である可能性が分かり、それまで与えていたニ●パイからCR-LPF(長期飼育ペレット)に変更しました。
個人的にはハ●スターセ●クションの保証成分がいいかなーと思うのですが、小粒しかないので、今のところCR-LPFで、と言ったところです。
幸いペレットの切り替えはうまく行ったのですが、術後3カ月で亡くなってしまいました。
外傷は特になく、発作的に苦しんで亡くなったようでした。

飼い方は、臆病な子だったのであまり構うことなく接していたくらいで、他はジャンガリアンなどと同じ対応をしていました。
ただ、爪がのびるのが早い(キャンベルの特徴)があったので、爪を切ったり、掘る生活をさせて伸びにくくしたりと出来るだけ手をかけてはいました。

単なる個体の差であるところも多々ありますが、一ハイブリッドを育てた経験をかかせていただきました。
あまり鵜呑みにせずに、シナモンちゃんと一対一対応していただければ、ハムスターも幸せじゃないかなと思います。