ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ストレス→下

名前
yocci
表題:

報告遅くなり申し訳ありません。


投稿日時:

お久しぶりです。
すっかりご報告が遅くなってしまい申しわけありませんでした。
ハムとの幸せな毎日に明け暮れて、日々過ごしております。

あれから、緑黄色野菜や果物を日々の食餌の中に混ぜてあげるようにしてから、
便秘になることもなく、大きく育ちました。
現在128gの大人な男になりました。

やはり適度な水分と食物繊維を与えてあげることが彼にはよかったのだと思います。
このままいつまでも一緒に過ごしたいなぁと思いながら日々過ごしています。
管理者様をはじめ、皆様にお力添えいただきながらここまで来れたことを感謝いたします。ありがとうございました。また何か機会がございましたらよろしくお願いいたします。
失礼致します。


名前
管理者
表題:

原因は?


投稿日時:
「yocci」さんの引用:
現在128gの大人な男になりました。

立派になりましたね。

結局、原因と病名は何だったんでしょうか?
このトピックを事例にするために、表題を変えて、場所を移動したいです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
トオル
表題:

初めまして。


投稿日時:

yocciさんのこちらのフォーラムを、最初から最後まで読ませて頂きました。正直自分のハムスターに対する考え方を、見つめ直さなければいけない点が多々ありました 自分もまだ飼育半年の初心者で、飼っているハムスターにとってもまだまだ先は長いのでもっと勉強しながら、向き合っていきたいと思いました そしてyocciさんのハムスターも長生きしてほしいと影ながら祈っています。ありがとうございました。

名前
yocci
表題:

病気の原因と病名


投稿日時:

管理者様、お久しぶりです。
トオルさん、はじめまして^^

事例としてこのトピックを移動していただけるとのこと、皆さんの参考になればいいなぁと思いながら、拝見させていただきました。

先週病院に定期健診で連れて行ったのですが、下痢や便秘にもっともらしい病名はないそうです。ただやはり、下痢の時点ではウサギのうんちにしか出ないといわれている菌が出ていたくらいですから、我が家にやってくるまでのルートの中でウサギのうんちを食べる機会があったのだろうと思います。これはペットショップからハムスターを購入するルートで迎える選択をする以上、飼い主さんがどんなに気をつけても避けられないかなぁ・・・という気がします。

ただ、今うちのハムスターを迎えた頃のことを思い返すと、こちらにその気はなくてもやっぱり彼にとってはかなりストレスフルな生活だっただろうなぁと感じます。
私も気にしないようにしていてもハムスターにしてみたら、怖くて仕方なかったと思います。退院してきてから1週間は用意していた大人用のケージでなく、小さなキャリーバッグでタオルをかけて人間を足音と掃除以外では感じさせないようにして生活しました。すっごく気になりましたけど、ケージがカサカサ音がすると「あぁ、元気にしてるんだな」と安心したものです。そこから少しずつ掃除をする時間帯にコミュニケーションをとるようにして、お互いになれていってからは、だいぶいい関係が築けるようになりました。病院の先生にも「こいつは図太いくせに気が小さいんだよなぁ〜」と言われてしまうほどです。(こういう言葉、飼い主には結構嬉しいものですね^^)

話が少しそれてしまいましたが、そういう意味ではストレスによる下痢と言っても間違いないと思います。ストレスで元々持っていた菌(症状が出ない子もいると先生はおっしゃってました)が騒ぎ出したんだろうと思います。そして、やはり信頼できる先生と出会えたことが何よりのラッキーだったと思います。(飼育書には下痢が始まって48時間以内に下痢を止めないと死に至る可能性がある、と書いてありましたが、うちのハムスターは何日も下痢をしていましたから、彼の生命力にも一目置いています)

便秘に関しては、ほとんどその事例を聞くことがないので、皆さん上手に飼育なさってるんだなぁと思うのですがやはり食物繊維と水分不足でうんちが硬くなってしまって出てこないんだそうです。緑黄色野菜を毎日あげるようにしたら一気に解消されました。
今は目が覚めて毛づくろいした後、必ず10個くらいまとめて出してから、外に出せコールをしてくるようになりました。
便秘も病気ではなく、私のえさに関する知識が甘かったことに起因するものです。

トオルさん、ありがとうございますヽ(´ー`)ノ
同じ頃、ハムスターを飼い始めたんですね〜♪
でも、ここまで特に問題もなく成長なさったのなら、きっとハムスターにとっても快適な住空間なのだろうなぁ〜と思いますよ!
長生きしてもらうために私たちがチョイスしていく餌とか環境にだけ気をつけてあげればきっと今の関係でうまくいくと思います!
困ったことがあったら、お互いに色々情報交換しながら乗り越えていきましょうね!!
トオルさんのハムスターちゃんも長生きしてくれることを願っています^^


名前
管理者
表題:

とりあえず


投稿日時:
「yocci」さんの引用:
先週病院に定期健診で連れて行ったのですが、下痢や便秘にもっともらしい病名はないそうです。

今まで書き込まれた内容から、「ストレス→下痢」にトピック名を変えようと思います。便秘ネタもあるけど……。
気が向いたら、トピック名を変えて移動しますね。


「yocci」さんの引用:
ただやはり、下痢の時点ではウサギのうんちにしか出ないといわれている菌が出ていたくらいですから、我が家にやってくるまでのルートの中でウサギのうんちを食べる機会があったのだろうと思います。これはペットショップからハムスターを購入するルートで迎える選択をする以上、飼い主さんがどんなに気をつけても避けられないかなぁ・・・という気がします。

確かにペットショップが原因ではありますが、発病させない方法はあったのかもしれませんよね。
終わってしまったことも重要ではありますが、前向きに努力するのが一番だと思います。


「yocci」さんの引用:
ケージがカサカサ音がすると「あぁ、元気にしてるんだな」と安心したものです。

それをうるさいと言って、手放してしまう飼い主もいますから、人間って勝手だと思いますよね。私は音がしないと、心配になってしますけどね。


「yocci」さんの引用:
そして、できるだけ小さい時から、適度にストレスも与えながら育てるのが一番長生きするとアドバイスを受けました。病気になったときに一番弱いのはストレスをあまり受けていない仔なのだそうです。日ごろから、たまには飼い主が鼻をこつくくらいの気持ちで育ててあげればかえってストレスに強い長生きする個体になるそうです。

ここだけ見ると間違いを起こす飼い主がいそうですが、ストレスもアレルギーも「適度に与える」ことが必要です。普通とか平均とか、曖昧なところなのですが、与えすぎても、与えなくても、悪い影響が出ます。
言葉で表現しにくいことなので、他のトピックを読むなど、その曖昧なところを自分なりに勉強することが必要です。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。