ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

春の訪れ


名前
管理者
表題:

計画失敗


投稿日時:

ミルワーム繁殖計画が、ここまで来て失敗に終わりましした。

ケージにダニが湧きました。
そのダニは、ヒョウヒダニといって、ただの自然界のスカベンジャー(清掃屋さん)で、アレルギーを持ってない人やハムスターには全く無害なのですが、ダニの繁殖スピードを考えると、あきらめないとダメになってしまいました。

参考ページ:ダニと病気

普通の人なら、ケージ内のダニを丸ごと薬殺してしまうと思いますが、それじゃ私のポリシーに反するので、自然の法則に従って処分することにしました。

ミルワームは、人の家のベランダで乳繰り合ってる、野鳥のエサに。ダニはテントウムシのエサにしようと思ったのですが、テントウムシもゴミムシダマシ(ミルワームの成虫)のエサになってしまうし、テントウムシを数匹捕まえてきたところで、そんなに食べないだろうし、テントウムシが繁殖した場合に、このケージの中がどうなってしまうのか、想像ができなくなりました。何もしなくても、この小さなケージの中で、命の輪が繋がっていることは確かだけど、人間が手を貸したところで、ダニの繁殖スピードには勝てないのか?……
いろいろ悩んだ結果、近所にテントウムシがいて、野鳥が集まっている空き地に、ケージのパン粉ごと、捨てることにしました。「結局、捨てたんかい!」っと言われそうですが、捨てた後に何度か見に行くと、キレイに無くなっていました。


説明
そのケージ以外には、全く被害はなく、隣に置いていたミルワームのケージにも、ダニはいませんでした。当然、ハムスターも人間も、被害はありませんでした。
ダウンロード回数
212回
ファイル形式
JPEG

説明
体に付いている白い物は、パン粉であってダニじゃないです。200匹くらいまで成虫を増やした後だったので、かなり残念でした。
ダウンロード回数
205回
ファイル形式
JPEG
フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。