ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍にともなうハゲってあるのでしょうか?

名前
雪だるま
表題:

はぅ ・・・。


投稿日時:

進化してもヘラクレスにはなりませんでした 。残念。


「管理者」さんの引用:
いろいろ与え過ぎて、ハムスターが贅沢病になっているんじゃないですかね?
私の所のハムスターは、実験動物用のペレット(開封2ヶ月以内)とキャベツ(買ってきて1週間以内)を食べきらないくらい、時々ミックスフード(古いかも)、ミルワーム(捕れたてピチピチ)が与えるだけです。ミルワームと実験動物用を与えるようになったのは、ここ数年ですが、余計な物を食べさせないというのは、昔から同じです。

うーん、書き方が悪かったのでしょうか
今回のハゲは栄養性ハゲですが、贅沢病になって偏食をしてハゲたわけではありませんー。
繰り返しになりますが、ハゲができる前〜ハゲができた2月前半は野菜はほとんどの日がキャベツのみ、それにペレットと水と週に2回ミルワーム1匹を与えるだけでした。
いろいろなものを与え始めたのは闘病生活も後半に入ってからです(3月中旬〜)。
それまでは管理者様のところと(たぶん)それほど大差ない食生活をさせていたと思います。
それでも栄養性のハゲができてしまったんですよね
キャベツも実験用ペレットも食べきれない量をエサ入れに常備しておいて、2匹とももりもり食べてくれる子達でしたが、それでもハゲの症状が出てしまったので食生活を改善しているところです。

栄養性ハゲの原因として今考えられるのは、ペレットの酸化、キャベツだけでは摂取できない栄養成分の不足、(それからアブラナ科によるホルモン抑制)です。もしペレットの劣化(酸化)が原因ならば「野菜はほとんどキャベツだけの生活」に戻しても大丈夫だと思いますが、まだペレットが原因なのか野菜(アブラナ科)が原因なのかわからない状態なので、いきなりキャベツだけの生活に戻すのは不安です

とりあえず、まず最初はアブラナ科野菜の割合を抑え気味に与えてみて、それでもハゲが再発しなさそうならばキャベツなどの割合を多くしていこうと思っています 。


「雪だるま」さんの引用:
獣医さんも言っているようによいと思う野菜を集中的に与えるのではなく、「バランスよく」与えることが大事です(←これについてはかなり自省中です )

「管理者」さんの引用:
これについては、上記の通り少し反対ですね。
そもそも、バランス良くというのが、素人には判断できませんから、結局偏ってしまうんじゃないかと思ってます。自分の体調のコントロールもできないのに、ハムスターの体調のコントロールできないでしょうし。それなら、実績のある飼い方を基本に、飼えばいいんじゃないかと思います。

そうなんですよね。確かに正確な栄養バランス(しかもハムの!)を判断するのは無理だと思います。獣医の言いたかったことは、キャベツ単品では摂取しにくい微量元素もあると思うので、複数の野菜を与えた方がよいということだと思います。実験用ペレットだけで十分かもしれませんが、乾燥した固形物だけでは摂取できない成分もあると思いますし・・・(私の見解)。
ただ、やはり今はハゲの原因がはっきりと判明したわけではないので、今すぐに今までのキャベツ生活には戻せない気がします。


「雪だるま」さんの引用:
アブラナ科野菜の影響について、獣医が調べてくれました。

「管理者」さんの引用:
凄く親切な獣医さんですね。しかも、掲載許可をもらってるんでしょ。
獣医さんの志の大きさを感じますわ。
それとも、雪だるまさんが親切にしたくなるような、女性なのか!

ホントにすごい親切な方です。しかもおもろいし。
それにしても、しまったー!!
もっと気に入られるためにジャグリングかマジックでも見せとけばよかったですねー・・・って方向性が違う ?


「管理者」さんの引用:
春キャベツって旨いですよね。
キャベツに胡麻ドレッシングを付けて食べると、抗酸化作用がプラスされて、死ねなくなりそうですね。

それに赤ワインを加えると体は強アルカリになったりして


名前
管理者
表題:

まさに、イリュージョン


投稿日時:
「雪だるま」さんの引用:
進化してもヘラクレスにはなりませんでした 。残念。

ヘラクレスハムスターは、子供に大うけだろうから、がっぽり儲けようと思っていたのに。


「雪だるま」さんの引用:
それでも栄養性のハゲができてしまったんですよね
キャベツも実験用ペレットも食べきれない量をエサ入れに常備しておいて、2匹とももりもり食べてくれる子達でしたが、それでもハゲの症状が出てしまったので食生活を改善しているところです。

ホントに、栄養性のハゲだったんでしょうかね?
どれくらい、その食生活を続けていたのかと、春って換毛やら発情で、体調を崩しやすいと考えれば……。


「雪だるま」さんの引用:
キャベツ単品では摂取しにくい微量元素もあると思うので、複数の野菜を与えた方がよいということだと思います。

微量元素って、どこまで考えれば良いのか、私もよく分からないですわ。
結果的に悪くなっていないというのと、贅沢病にならないというのが理由で、今の食生活を続けていますからね。どちらかというと、ハムスターは心のトラブルの方が多いので、贅沢病の方が、私は心配なのですが。
ミルワームって、これらの代表的な物かもしれないですね。


「雪だるま」さんの引用:
もっと気に入られるためにジャグリングかマジックでも見せとけばよかったですねー・・・って方向性が違う ?

うちの、ジリスはマジックができますよ!
きんちゃく袋に、ヒマワリの種を入れると、ジリスがきんちゃく袋に入ってきます。そして、きんちゃく袋の口を一度締めてから開けるとジリスがだけが出てきて、なんとヒマワリの種が無くなっているんです。
ノリのイイ友達なら、驚いてくれるんですが、その横で「なにしとん?」って顔をしてヒマワリの種を食べるジリスが、アニメ的なボケで楽しいです。
ココでのポイントは、きんちゃく袋の中で、ヒマワリの種を食べてしまわないことですかね?
ハムスターは……。何にも、できないですね。
ロボロフスキーで、お手玉でもしましょうかね?

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
雪だるま
表題:

結局、原因不明。


投稿日時:

お久しぶりです

ハゲのその後です。
前回投稿後から2回ほど薄毛→通院を繰り返しましたが、結局は原因は不明でした。

獣医と何度か話しあい、最終的に
・物理的要因
・アブラナ科?
のいずれかだろうというところまでたどりつきました。
再度、毛髪の検査などもしていただきましたが、それ以上の要因が見つかりませんでした。
原因を追究するために、まずは物理的要因(床材を掘ったりするときに擦れる)を排除してみるように巣箱を撤去したりしましたが、結局これは関係がなかったようです。

次に、巣箱を撤去した状態で、アブラナ科をあげたときの反応をチェックしてみました。
アレルゲン検査のときのように、数日間ずつおいて、1つずつ原因と思われる食品をエサに追加していって反応をみてみましたが、疑わしいと思っていたすべてのアブラナ科の食品で、ハゲの兆候はみられませんでした。
検査方法)
   1〜 5日目 ニンジン、ペレット、ひま種(ニンジンはアブラナ科じゃないです)
   6〜10日目 キャベツ、ペレット、ひま種
  11〜15日目 ブロッコリー、ペレット、ひま種
  16〜20日目 チンゲンサイ、ペレット、ひま種
以下、アブラナ科でいろいろ試す。

結局、気温が暖かくなったらハゲは再発しなくなりました
アブラナ科のなんらかの物質が脱毛に影響していたのではなく、他の栄養素が不足していた可能性もありますが、すっかりハゲがなくなってしまったので原因追求は終了です。

獣医から貴重な話もたくさん聞けたので通院費がかかったのはいいとして、あのハゲは一体なんだったんだろう、というもやもや感がいっぱいです。
もしかしたらまた気温が低くなってきたり、日長が短日になったら再発するかもしれません。
そのときはまたご報告します。


名前
管理者
表題:

得た情報は大きいですね


投稿日時:
「雪だるま」さんの引用:
・物理的要因

飼い主を驚かせようと、ブレイクダンスのヘッドスピンの練習をしていたのでは?
ヘッドスピンをするハムスターを見たら、笑いますけどね。


「雪だるま」さんの引用:
原因を追究するために、まずは物理的要因(床材を掘ったりするときに擦れる)を排除してみるように巣箱を撤去したりしましたが、結局これは関係がなかったようです。

こすれてハゲるのなら、力のかかる向きに、直線的にハゲるのでこれは絶対に違うと思います。


「雪だるま」さんの引用:
疑わしいと思っていたすべてのアブラナ科の食品で、ハゲの兆候はみられませんでした。

他のトピックにも同じようなハゲのハムスターがいましたが、ホントにストレス性の円形脱毛症じゃないんですかね?
細菌が原因じゃないとすると、大事な頭部がハゲるって、他には考えられないです。


「雪だるま」さんの引用:
獣医から貴重な話もたくさん聞けたので通院費がかかったのはいいとして、あのハゲは一体なんだったんだろう、というもやもや感がいっぱいです。

ハムスターにはかわいそうなことをしたと思いますが、得た物は大きいですよね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
雪だるま
表題:

やっぱりストレスかぁ・・・。


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
飼い主を驚かせようと、ブレイクダンスのヘッドスピンの練習をしていたのでは?
ヘッドスピンをするハムスターを見たら、笑いますけどね。

中国の上海雑技団の中に、おでこにめちゃくちゃでっかい壺を乗せるおっちゃんがいるんですけど、そのおっちゃんも壺を乗せてる部分だけハゲてましたね。
ハムたちが夜中にこっそりエサ皿を頭にのっけてぐるんぐるん回してたら、見た瞬間に泡吹いて倒れるかも


「管理者」さんの引用:
他のトピックにも同じようなハゲのハムスターがいましたが、ホントにストレス性の円形脱毛症じゃないんですかね?
細菌が原因じゃないとすると、大事な頭部がハゲるって、他には考えられないです。

ネット上で見つけた、同じようにハムちゃんの後頭部ハゲを経験した飼い主さん数人に聞いてみたのですが、やっぱり原因はよくわからなかったそうです。
それから、かかりつけの獣医も、後頭部がハゲたのはほとんど見たことがないそうです。
となると、やっぱりストレス性・・・?

ハムのストレス性脱毛って舐めたり掻いたりしてできるもんだと思ってたし獣医もそう言ってましたけど、よく考えれば人間も掻かなくても円形ハゲってできますよね・・・ 。
現在ハゲなくなったのはストレスの原因がなくなったのか、それともまだストレスの原因は解消されてないけど、季節が暖かくなって抵抗力がでてきたのか・・・。
うむむ、ストレス性だったら一番原因解明が困難ですよね