ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍にともなうハゲってあるのでしょうか?

名前
雪だるま
表題:

達人への道。


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
手前にオシッコの後がありますが、ハムスターなりの反抗の意志かも。

手前のはハムの粗相ではなくて、飼い主の粗相(給水器の水をこぼした)です〜
でも、ケージを更新した日はジャンガリアン2匹とも紙の巣箱の中でオシッコをしちゃいました。
いきなり環境が変わって怖かったんだと思います。かなりショック


「管理者」さんの引用:
Sさんの飼育環境でも、同じようなことをしてますね。さすがっすね!

本当ですね !
今回の獣医さんの飼育方法を聞いたときに、S様の飼育方法とけっこう似たところがあるのかな〜っ?と感じました。ハム道は奥が深いです。


「管理者」さんの引用:
けど、原因は取り除けていると思うし、悪い飼い方でもないので、当分はこのまま様子を見るしかないのでは?もしこの環境で、ストレスなどの兆候が見られるのなら、獣医も相談に乗ってくれると思うし、飼育方法の変更も理解してもらえるのではないでしょうかね?
とりあえず、ハムスターの環境適応能力の高さに期待ですね。

そうですね
おそらく今できることはやったと思うので、あとは治るのを祈るのみ!
とりあえず今週末にまた通院するので、状況をご報告します。

名前
雪だるま
表題:

ビタミン剤投与開始。


投稿日時:

病院に行ってきました。
とりあえず、今日から1日2回のビタミン剤の投与がはじまりました。

環境改善およびヒマワリの種で1週間たちました。皮膚表面の様子にも特に変化はなく、食欲、運動、糞の状態などはあいかわらず健康そのものです。ヒマワリの種のおかげで毛づやがかなりつやつやです。
ハゲの状態は、微妙に面積が広がったような、(真上から見ると)背中の線よりも右にハゲが移動したような気もしますが本当に微妙でよくわからないです。耳の後ろが薄毛で、背中にハゲがあるので、真上からじっくり観察するとU字型に見えます。

いまのところ考えられる原因としてはカビ、それ以外では考えられるのは、とても可能性は低いけれどもハゲがU字型で微妙に左右対称なので、ホルモン性ハゲの可能性もあるとのことでした。ただし、ホルモン性ハゲで首にハゲができたのはみたことがないそうです。
カビのお薬は副作用がでることがあるのでちょっと1週間試す・・・というわけにいかないそうなので、しばらくはビタミン剤で様子をみてみましょう、とのことでした。

症状にもよりますが、原因を取り除ければ2〜3週間で毛がふさふさになるそうです。
ケージ内の環境はしばらくこのままを維持して、もう少し様子をみることになりました。


名前
管理者
表題:

円形脱毛症


投稿日時:
「雪だるま」さんの引用:
とりあえず、今日から1日2回のビタミン剤の投与がはじまりました。

そのビタミン剤って、何が入っているんですかね?


「雪だるま」さんの引用:
ホルモン性ハゲで首にハゲができたのはみたことがないそうです。

うちのジリスが典型的な、ホルモン性のハゲだったので、やっぱり腰の辺りだと思いますね。
ちなみに私は、不規則で日に当たらない生活を続けているので、腰の周りと腕が左右対称でかゆいです。腕なんて掻きやすいし、知らない間に掻いていることもあって、アザになってますよ。ジリスの気持ちが、少し分かったような気がしました。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
雪だるま
表題:

ブーメラン形脱毛症・・・慣れるとかっこいいかも?


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
そのビタミン剤って、何が入っているんですかね?

今回処方された薬の成分は以下の通りです。
これでしばらく様子をみるそうです。1週間〜10日後くらいにまた通院します。

  • ビタミン剤(皮膚)
  • アガリクス(免疫向上)
  • ミヤリ菌(整腸剤)
  • ウルソデオキシコール酸(肝機能向上)
  • フマル酸クレマスチン(抗アレルギー)
  • ビール酵母(薬のかさを増すために入れてある)

注意) ここに記載してある薬の成分・処方量は、専門的な知識をもった獣医による厳密な監督のもとで調合されたものであり、わが家のハムスターの症状や年齢、体重、食生活にあわせて処方されたものです。あなたのハムスターに似たような症状が現れたからといって、獣医に診察・相談することもなく素人判断で適当に薬を与えることは『絶対に』おやめください。薬の種類によってはハムスターに害を与えたり、命の危険を招く恐れがあります。
(申し訳ありませんが、薬の成分の公開にあたって、獣医に言われたので注意書きを入れさせてください。)

名前
ぽんきち
表題:

「静かなハゲ」闘病記…のようなもの


投稿日時:

はじめまして。
我が家のジャンガリアンも、月齢7カ月の頃「静かなハゲ」とまったく同じ症状で、通院・治療を経験しました。現在1歳4カ月になりますが、すっかりフサフサ、元気に過ごしています。症状が同じだけで、原因は違うかもしれませんが、何かの参考になれば…と思いましたので、その時の状況を書き込みさせていただきます。

【脱毛時のハムスターの状態】

  • ジャンガリアン(ノーマル)
  • 月齢:7カ月
  • 性別:♀
  • 体重:42g

【飼育状況】

    [*]水槽/床&巣材は新聞紙の質素な暮らしぶり
  • 回し車、トイレ、巣箱、給水器を設置
  • エサ:ニッパイ プ○ハムスターフード 4g/1日、野菜(キャベツ、にんじん、コーン、かぼちゃ)を時々少々
  • オヤツ:ヒマワリの種を週1粒 程度
  • ケージの掃除:毎日(床材・巣材・トイレ砂を交換)
  • 接している時間:1日1回夕方に3分程度。掃除時の別荘(浴び砂を敷き詰めたプラケース)への移動、体重測定、ペレット以外の給餌(野菜・ヒマワリの種)など。

【症状】 6月上旬、寝癖かな?と思っていた後頭部(後ろ首部分)が、徐々に薄くなり、小さなハゲに。体重・食欲・排泄とも通常通り、痒そうな様子は見られませんでしたが、じんわり拡がっている様子に慌てて病院へ行きました。

【病院の所見】
カビ、ダニ、細菌によるものではないようだ。痒がってないしフケもない、飼育環境にも特に問題はナシ、食欲もあって元気。原因は現段階でははっきりわからない。(先生曰く「脱毛ほど治療の難しい症状はないんです。」と。)

【治療】
(何らかのストレスが原因で)ホルモンのバランスが崩れたことによる脱毛ではないか…というアタリをつけて以下の治療を始めることになりました。

・レーザー治療(30秒程度)を週3回
・ホルモン剤「チロキシン(甲状腺ホルモン)」の経口投与

【経過】
ホルモン剤を投与して2日後
ハゲ部分全体にに新しい毛がうっすらと生えてきてました。…先生も効果の早さにビックリしたようでした。(これで改善されなければ、違う処方を一つずつ試してみるつもりだったようです。今考えると不必要なホルモン剤の投与こそ恐いような気がしますが…。先生も「ビンゴ!ラッキーだったねぇ」と仰ってました…)

ホルモン剤を投与して5日後。
ハゲ部分にすっかり毛が復活!レーザー治療と投薬をもうしばらく続けて様子を見ることに。

一気に毛が生えて安心したのも束の間…また薄くなったりもして、2週間ほどホルモン剤の投与とレーザー治療を続けました。このまま不足しているホルモンを死ぬまで投与し続ける必要があるのか、レーザー治療時の保定はかなりのストレスになってるんじゃないか、相談しようとした矢先、もう通院しなくていい(薬はなくなるまで飲ませておしまい。様子を見てハゲたらまた来て。)と言われました。通院をやめてから1週間後にチロキシンの投与も終了。

【その後】
ホルモンのバランスが崩れた(甲状腺の機能が低下した)原因…病院ではストレスじゃないか…とのことでしたので、毎日の掃除を1日おきにしたり、以前に増して温度・湿度の管理に気を使ったり…と、ストレスになると思われる事を避けるよう努めました。が、つるっぱげまではいかないものの、薄毛になる症状は時々みられました。

[ここからは素人(私個人)なりの考察]
ストレス以外に、甲状腺の機能を低下させている原因はないのだろうかと、調べてみたところ…鳥やカメなどの飼育では「アブラナ科の植物(キャベツ、ブロッコリーなど)には、甲状腺ホルモンができにくくなる成分が含まれているので、食べさせすぎてはいけない。」とありました。キャベツは少量(2 cm角/1回)ながら週3日は与えていたので、これも要因なのかも?と思い、与えるのをやめました。キャベツをやめてしばらくしてから、薄毛になる症状が全く出なくなりました。その後、生活環境(掃除の回数など)を以前通りに戻してみましたが再発しませんでした。キャベツは、与えすぎなければ問題ないらしいのですが、体質や体調などによっては、少量でも影響が出る場合があるのではないかと思います。

雪だるまさんのところや、同じように「静かなハゲ」でお悩みの方が、みんな我が家と同じではないでしょうが、この様なケース(甲状腺ホルモンの分泌不足・キャベツの影響も?)もあるということをご報告させていただきました。簡潔にと思ったのですが、うまくまとめられなくて…長文大変失礼いたしました。

雪だるまさんのハムちゃんも、早くよくなるといいですね。

(追記)
キャベツは繊維質が豊富で、ビタミンA、B1、B2、C、E、K、ナイアシンなど、ほとんどのビタミン類のほか、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなども含有しています。ビタミン・ミネラルの供給源として、ハムスターにとっては非常に有用な食物です
我が家のジャンガリアンの場合は、残念ながら、キャベツと相性が悪かったようですが、皆さんのハムスターにキャベツを与えてはいけないということではありません。