ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ロボロフスキーのエサ

ロボロフスキーの主食に与えているもの(投票数:12件)
実験動物用のペレット(ニッパイも含む)
58% [ 7 件]
その他ペレット(イースター・サンコー)
0% [ 0 件]
その他ペレット(マルカンなど)
25% [ 3 件]
ミックスフード
17% [ 2 件]
ハトなどのトリのエサ
0% [ 0 件]
主食はない
0% [ 0 件]
名前
表題:


投稿日時:

野生の方がペットのハムより寿命が短いって文献も見たことがありますが
それが本当なら野生の方が過酷でストレスも多いのでしょう。
餌だって満足できる量をいつも確保できるとは限らないし、
空腹によるストレスとかも感じてるかも知れないですし。
そう思えば極端に栄養が偏らなければハムの喜ぶ物を与えるのも良いと思います。
私は独り暮らしで食事が不規則なのでハムに生野菜を与える機会が少ないので
生物は不規則に与えてますが普段はペレットと種子類を与えてます。

爪と食や環境との関係に付いては私も全然わからないので推測ですが、
ロボハムの爪はいつも長い状態ではあるけど際限なく伸びてる様子もなく
長いなりに一定してるのでその状態が普通って事はないのかな?
それに不自由そうじゃないしゴールデンの手足の形状や指に比べて
ロボハムの形からしたら、あの位の爪の方が餌等を持ちやすいような気もします。
床が土や砂ならスパイクとしては十分な働きもすると思います。
ロボハムの野生での状態がわかればあの爪の長さが正常なのかどうかも
わかるのでしょうけど・・


名前
管理者
表題:

ストレスって?


投稿日時:
「S」さんの引用:
野生の方がペットのハムより寿命が短いって文献も見たことがありますが
それが本当なら野生の方が過酷でストレスも多いのでしょう。
餌だって満足できる量をいつも確保できるとは限らないし、
空腹によるストレスとかも感じてるかも知れないですし。

基本的に野生の動物の方が寿命は短いでしょうね。人間も本来なら45才いくらいが寿命ははずですから。野生より人間圏の寿命の方が短い動物は、よほど人が飼う事にむいていない動物だと思います。
野生動物のストレスは生きるために必要なストレスであって、それが原因で死ぬ事はないですよ。そんなことで死ぬのなら、とっくに全滅してますからね。人間でもお腹が空くし、親や上司に怒られたりするのもストレスですが、このストレスがないと動物は生きて行けません。これらのストレスを解消するために、エサを食べたり、次の動作を考えて行います。また、そのストレスを無くしてしまうとボケるか、ホルモンバランスを崩して死んでしまいます。

飼い主が考えるハムスターにとってのストレスとは、本来生きて行く上で必要のないストレスを与える事です。飼育されているハムスターは閉鎖された環境内でストレスを感じているわけで、ハムスターがいくら考えた所でストレスを解消する事ができないわけじゃなありませんよね。毎日、巨大肉食獣の人間に襲われて、食べられてしまうかと思ったら、狭いケージの中に閉じこめられ、ようやく逃げられたと思ったら、また捕まってケージの中に戻される。だから人間に飼われると、野生では絶対に感じないストレスを感じ、そのストレスを解消したり、そのストレスから逃げることができないわけです。このパターンは、人間がうつ病になる原因と同じです。だから早く死ぬわけです。


「S」さんの引用:
そう思えば極端に栄養が偏らなければハムの喜ぶ物を与えるのも良いと思います。
私は独り暮らしで食事が不規則なのでハムに生野菜を与える機会が少ないので
生物は不規則に与えてますが普段はペレットと種子類を与えてます。

ちゃんと分かっている人は、基本的には、そんな感じでイイと思いますけどね。限度が分からない人がいるので、ちょっと困った話なんですよね。
私もとても言えないような食べ物をハムスターに与えたりしますけど、極端に栄養のバランスを崩さないように、なおかつハムスターに食べる楽しみを与えるようにしています。
訳も分からず、市販のビタミン剤とか、整腸剤とか与えると早死にするのでダメっすよ!


「S」さんの引用:
ロボハムの野生での状態がわかればあの爪の長さが正常なのかどうかも
わかるのでしょうけど・・

誰か野生のロボロフスキーの写真持ってないですかね?
暇でお金持ちの人がいるのなら、ハムスターの故郷ツアーでもして、写真を撮ってきてください〜

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
表題:

枝話・・


投稿日時:

管理人さんこんにちは、餌のトピなのに枝話ですみません。

野生のハムが受けるストレスと飼いハムの受けるストレスが
違うものだって事は同感ですねぇ、犬などのように人間に親和性の高い
生き物で無い限りストレスの一番の原因は飼い主そのものでしょう、
本来生息していた所と気候や環境の違いはペット化が進むにつれて
順応して行くと思います、実際に売られてるハムは養殖ですから
野生を知らないんですし、生まれた時からすでにペットです。
私的には野生で生きてて得る物や失う物がペットとして飼ってる
ハムが得たり失ったりする物との対比だと思うんですよ、
ペットとして失う最大の物が自由でしょうが、野生だから自由かと
言うと捕食される危険の中に身を置いてるのだから自由にも制限あるし、
ペットだから自由は無いかと言うとちゃんと世話をしてたら行動面積は
何ともし難いけど安全や餌の確保は出来るわけですから。

触りすぎによるストレスについても微妙ですね〜
気まぐれでタマにしか触らないのに長時間触るとかならストレスは
大きいでしょうね、私の所では最初のうちは摘み上げて手に載せると
小刻みに震えて怖がったりオシッコも手の上にされました、
それでもほぼ毎日短時間出して慣らしたところ怖がらなくなりました
手の上で毛づくろいとかしてます、でも触られるのは嫌がりますけど
恐怖心がなくなったらそれほどストレスを感じてるようには見えません、
人間の事を怖がらなくなるとかえってリラクスしてるように思えます。
怖がるのと嫌がるのは根本的に違うから馴れなくても慣れればいいと
思ってます。
時々しかもらえない好物を察知した時のハムは手にまとわりついて来て
手の存在などどうでもいい程追いかけてきます。
いくら好物とは言え人間の持ってる餌を強奪しようなんてふとどきな行為は
野生のハムにはとても真似の出来ない事ですよね。
緩やかな環境の変化や刺激には順応できるだけの能力はあると思うから
順応できない程の急激な変化や刺激を与えなければストレスもそんなに
大きくないと思いますって言うよりストレスと感じなくなるのでは?
何事も節度をもって普通が良いと思うけど、普通の基準が曖昧ですもんね。


名前
管理者
表題:

Re: 枝話・・


投稿日時:
「S」さんの引用:
管理人さんこんにちは、餌のトピなのに枝話ですみません。

このトピックは、分割した方が良さそうですね。
もう少し話が進んだら、そうしますわ。


「S」さんの引用:
実際に売られてるハムは養殖ですから
野生を知らないんですし、生まれた時からすでにペットです。

野生を肌では感じていませんが、ハムスターの遺伝子は野生は知っています。その存在を確認できないから、何か分からない苦痛に襲われる訳です。人間のように、知識として自然を感じていてないのが、ヒトとハムスターの大きな違いで、ハムスターは体が勝手に野生を求めてしまいます。その野生の部分を、どうやって疑似体験させて要求を満たしてあげるのかが、飼い主に求められる事です。
ハムスターにエサを与え飼育する事は、ハムスターを殺していないだけのことです。


「S」さんの引用:
ペットとして失う最大の物が自由でしょうが、野生だから自由かと
言うと捕食される危険の中に身を置いてるのだから自由にも制限あるし、
ペットだから自由は無いかと言うとちゃんと世話をしてたら行動面積は
何ともし難いけど安全や餌の確保は出来るわけですから。

難しい話なのですが、Sさんの補足ですね。
自由とは何かという事から考えなくてはなりません。
知るという自由から、自ら不自由と感じてしまうわけで、知らなければ不自由でさえ自由と感じてしまうのです。ハムスターにとっての自由は、野生での平凡な生活だと思います。捕食者に狙われる事も自由で、その恐怖を乗り越えおいしいエサにありつく、お腹がいっぱいになったら寝るなどですね。
捕食者に狙われない、エサがいつも食べる事ができる。そのような事を自由だと思うのは、死という恐怖を知ってしまった人間が作り出した、動物たちへ対する妄想だと思います。生きる、死ぬといった、生死に直結する事だけでなく、全身の機能をフルに使い生き抜くことが、ハムスターにとっての自由だと思いますね。
多分、女性より男性の方が、この事を理解しやすいと思いますが、家でテレビを見ながらゴロゴロしているより、体を壊し、死にそうになりながら働いて評価される方が、生きているという実感を得られる事ができます。また、ジェットコースターなどの絶叫マシンに乗る事で、臨死体験に近い状態(スリル)を体験し、自分の生存確認をする事で楽しい思う事など、他にも考えると思い当たる事も多いのではないでしょうか?


「S」さんの引用:
何事も節度をもって普通が良いと思うけど、普通の基準が曖昧ですもんね。

そうそう、その普通のために、憎しみ合ったりするわけです。簡単に言えば価値観なんですけど、誰しも自分は正義の存在で、お互いの正義のために、分かり合う必要があります。当然ハムスターとも分かり合えないと、お互いストレスが溜まってしまうのですが、感覚機能から得る情報と、遺伝子情報が違うということを理解し、ハムスターは人間とは違う考えを持っている事を理解することが必要です。
ちなみに、イヌは人間と同じく群れを作る動物なので、人間に近い感覚を持ち、人間に合わせようと努力します。だから、イヌの気持ちを理解する方が簡単です。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。