ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

マイクロチップの是非

ハムスターにマイクロチップが必要だとしたら?(投票数:55件)
絶対に埋め込む。
2% [ 1 件]
仕方ないが埋め込む。
25% [ 14 件]
負担を考えて埋め込まない。
13% [ 7 件]
絶対に埋め込まない。
16% [ 9 件]
他に方法があるなら、面倒でもそうする。
49% [ 27 件]

名前
管理者
表題:

Re: マイクロチップ


投稿日時:
「+ライム+」さんの引用:
仕方ないが埋め込む方が多くて少し驚きました

私自身は、投票がまだだったり……


「+ライム+」さんの引用:
自分的に 大事にしているペットの体内に人工的なモノをいれたくないからですが

私も、それが大きいです。
機械を使うと確認できるから、マイクロチップなんでしょうけど、体毛を拝借して、DNAを登録するなど方法が、あればもっと効果的なんだろうと思います。
DNAだと、血統の情報も分かるだろうから、野生で増えてしまったも、逃がした人などの特定もできそうですしね。


「ルリネコ_BB」さんの引用:
ゴールデン系のアダルトサイズならともかく、ジャンガリアンとかドワーフ系には大きすぎますね。

ゴールデンよりモモンガの方が大きいですが、それでも大きさが気になって、モモンガにどうするのか、まだ決めてないです。
サイエンス系の番組を、よく見るのですが、米粒以下のサイズのマイクロチップはすでに開発されていて、それがペット用に反映されていないところが、今回調べていて驚いたところです。
マイクロチップは規格が決まっているようですが、今のマイクロチップは30年くらい使えるようなので、寿命の短い動物に合わせて、もっと小型の物も作ってほしいです。というか、は虫類ならもっと長生きしそうですが……。


「ルリネコ_BB」さんの引用:
病院に行ったときにバレますけど・・・病気or怪我の治療中に負担になるようなことはしないので治った後は疎遠にして埋め込みのための通院はしないです。

後ろめたさというか、そういうのがあるから、「仕方ないが埋め込む」と回答をしてしまうんだと思います。

うちの近くにはヌートリアが生息してるのでときどき見かけます

今度、写真でも撮りに行こうと思ってしまった。
冬でも、見られるんですか?

それ以前に、もしマイクロチップを入れることが義務付けられたら、ハムスターを飼う人自体が激減するでしょうね〜。

ウサギが、そうなってないですから、国もそれなりに気にしてるんでしょうね。

人間にもマイクロチップ入れろとかになってきたら、かなり嫌ですね。さすがにそれはないか。

社会的、自然的にも、人間は一番悪い生物なので、人間に入れろとなると私は賛成すると思います。健康的、精神的に、何ともないことが前提ですけどね。私は、後ろめたいことをしてないつもりだし、電子決済などのシステムと統合するなど、進めたによっては便利そうだし。

リスとモモンガもなんとかかろうじて妥協すると思います。(逃げたときの為に)

突っ込んでおきます。
帰巣本能のある動物なら、飼い方がよければ、ちゃんと帰ってくるので、リスでも鳥でも逃げないですよ。飼い主が逃がさないような飼い方をしているから、それがストレスになって、逃げてしまうんです。軟禁と監禁の違いというかね。当然、ハムスターも同じです。

野外に脱走するなんて、よほど不注意を起こさなければない事ですもの。

ホントそうですよね。


「neneco」さんの引用:
なお、特定外来生物は運搬も原則禁止ですので、病気になった場合は獣医さんに往診して貰う必要があります。(飼養施設から出せません。管理人様ご注意を。)

マイクロチップを入れるとすると、麻酔が必要になりそうなので、ケージごと持ち出すつもりです。さすがに、麻酔などの医療器具まで持ってきてもらえないですからね。
往診の話は、最初に獣医さんにはしていて、法を犯そうという気持ちではないです。


「neneco」さんの引用:
一般人がペットとして飼っている特定外来生物はマイクロチップは入れていないことが多いと思います。

やっぱり、そうなんですね。
私自身、カミツギガメなどの、は虫類には入れてほしいと思いながらも、飼い主としての気持ちは同じなんだろうと思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
+ライム+
表題:

ケージ


投稿日時:

こんにちは如月です


引用:
帰巣本能のある動物なら、飼い方がよければ、ちゃんと帰ってくるので、リスでも鳥でも逃げないですよ。飼い主が逃がさないような飼い方をしているから、それがストレスになって、逃げてしまうんです。軟禁と監禁の違いというかね。当然、ハムスターも同じです。

横からすみません

今の時期毎年リスが凶暴化するので
絶対に外(部屋内)には出さないようにしているんですが、(猫が襲われるので
ほおって置けば戻ってくるものなんですね

ゴールデンハムスターのショコラと その子供達と暮らしています
至らないところ等ありますが宜しくお願いします

名前
管理者
表題:

Re: ケージ


投稿日時:
「+ライム+」さんの引用:
絶対に外(部屋内)には出さないようにしているんですが、(猫が襲われるので

リスが猫を襲うんですか!
発情期とはいえ、楽しみなリスですね。


「+ライム+」さんの引用:
ほおって置けば戻ってくるものなんですね

如月さん自身が、遊びに行っても家に帰るのと同じです。
ケージが快適で、ケージの外にケージの中より魅力的な何かがなければ、普通はなわばりの巡回などの目的で外に出ているだけなので家に帰ってきます。しかし、普段から自主的にケージに帰らないのなら、環境に何らかの問題があるはずですから、それが何か探した方がいいです。
また、発情期のオスだと、普段より帰宅時間が遅くなると思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
neneco
表題:

法的には(その2)


投稿日時:
「管理者」さんの引用:

マイクロチップを入れるとすると、麻酔が必要になりそうなので、ケージごと持ち出すつもりです。さすがに、麻酔などの医療器具まで持ってきてもらえないですからね。
往診の話は、最初に獣医さんにはしていて、法を犯そうという気持ちではないです。


ケージごとでも持ち出せません。「特定外来生物を運搬すること」自体が禁止されています。(病院に連れて行くことは運搬に当たります)わかりやすく言えば「絶対逃げ出さないような施設を作って、どんな理由があろうと一生そこから出すな」ということです。
環境省「外来生物法の概要」をよく読んでください。
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/law.html#law5
そういう理由で、動物園の動物などは別として「一般人がペットとして飼っている特定外来生物はマイクロチップは入れていないことが多い」と思うのです。(動物園の動物は、かなり小型のものでもマイクロチップが入っています)
ただ、特定外来生物とはいえ「動物愛護法」による適正飼養の対象となるため、小型の動物であれば「病院に連れて行くのもダメ」ということにはならないかもしれませんが・・・警察官に「トイレに行きたくて我慢できない。その駐車禁止の場所に車を止めても良いか」と聞くようなものでしょうね。

なお、特定外来生物の選定の前提として「明治元年以降に我が国に導入された外来生物で、識別が容易な大きさの生物」ということがあります。ウサギ(アナウサギ)が入っていないのはこのためではないでしょうか。(16世紀にオランダから導入)。
また、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)などは、「生態系に影響は与えているが、規制した場合飼育放棄される可能性が高く(面倒くさいから捨てちゃえ、ということです)よけい生態系に悪影響を及ぼす」ということで要注意外来生物にとどまっています。この要注意外来生物にはシマリス、フェレット、リスザル、インドクジャク、ワニガメ、ヒョウモントカゲモドキ、グリーンイグアナ、グッピーなどペットとしておなじみの動物が含まれています。将来的にはこれらの動物の飼育も規制される可能性があります。


名前
管理者
表題:

Re: 法的には(その2)


投稿日時:
「neneco」さんの引用:
ケージごとでも持ち出せません。「特定外来生物を運搬すること」自体が禁止されています。(病院に連れて行くことは運搬に当たります)わかりやすく言えば「絶対逃げ出さないような施設を作って、どんな理由があろうと一生そこから出すな」ということです。

資料もサイトも読んでいるし、獣医とも話し合っているので、それは分かってますよ。
麻酔の問題もあるし、現状そうしないと逃げ出す可能性を低くできないので、許可を得たケージごと持ち出すということです。


「neneco」さんの引用:
ただ、特定外来生物とはいえ「動物愛護法」による適正飼養の対象となるため、小型の動物であれば「病院に連れて行くのもダメ」ということにはならないかもしれませんが・・・

法の落とし穴みたいなものですよね。
登録しろとか、マイクロチップを入れろと言いながら、病院に行けないのなら、賛同する人も減るでしょうし。


「neneco」さんの引用:
この要注意外来生物にはシマリス、フェレット、リスザル、インドクジャク、ワニガメ、ヒョウモントカゲモドキ、グリーンイグアナ、グッピーなどペットとしておなじみの動物が含まれています。将来的にはこれらの動物の飼育も規制される可能性があります。

リスとフェレットは、ペットとして定着しているので、規制対象にはなってほしくないですよね。飼えないとなると、今までの命の蓄積が無駄になりますからね。
逆に希少動物を、有志に増やしてもらうなどの目的で飼育してもらうなどで、緩和するような方法がほしいと思ってます。どこかで、話ができるきっかけがあるのなら、提案してみてください。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。