ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

マイクロチップの是非

ハムスターにマイクロチップが必要だとしたら?(投票数:55件)
絶対に埋め込む。
2% [ 1 件]
仕方ないが埋め込む。
25% [ 14 件]
負担を考えて埋め込まない。
13% [ 7 件]
絶対に埋め込まない。
16% [ 9 件]
他に方法があるなら、面倒でもそうする。
49% [ 27 件]
名前
neneco
表題:

法的には(その3)


投稿日時:

たびたびすみません。


「管理者」さんの引用:
麻酔の問題もあるし、現状そうしないと逃げ出す可能性を低くできないので、許可を得たケージごと持ち出すということです。  

飼養等許可申請時、「特定外来生物の運搬の有無」に「運搬有り 飼養施設を転用」等と申請して許可されたのでしょうか?おり型施設、もしくは水槽型施設で申請されたと思いますが、どちらにしろ「土地その他の不動産に固定されている等容易に移動又は運搬をすることができないものであること。ただし、野外から隔することができる室内に常置する場合にあっては、この限りでない」(施設を屋外に絶対持ち出さすな)という許可要件があったはずです。それとも移動用施設として運搬用ケージを別に申請されたのでしょうか。(私が関わっていたのは平成17年までなので、現在環境省がどういった対応をしているのか興味があります。そもそも「移動用施設」という物自体、動物を運搬する業者を想定しており、一般の飼い主が病院に連れて行くというシチュエーションは想定していないのではないかと思います。)
どのみちマイクロチップに関しては、「体力的にマイクロチップ挿入に耐えられない」という獣医師の証明書さえ提出すれば、無理に入れる必要はないものです。


「管理者」さんの引用:
リスとフェレットは、ペットとして定着しているので、規制対象にはなってほしくないですよね。飼えないとなると、今までの命の蓄積が無駄になりますからね。
逆に希少動物を、有志に増やしてもらうなどの目的で飼育してもらうなどで、緩和するような方法がほしいと思ってます。どこかで、話ができるきっかけがあるのなら、提案してみてください。

外来生物法の目的自体が「日本の生態系を守るため、生態系に悪影響を及ぼすかもしれない外来生物をむやみに日本に入れない、野外に捨てない、野外にすでにいる外来生物は他地域に拡げない」というものです。貴重な生態系が脅かされている以上「ペットとしてなじみがあるから飼いたい」などというのは個人の我侭だ、という法律なので、緩和するには・・・というものではないのではないでしょうか。規制対象を増やさないためには、一度飼った動物は最後まで責任を持つということの徹底が必要だと思います。(日本原産の希少生物を守るということでしたら鳥獣保護法で行っています。)

「ネチネチからんで嫌な奴だな」と思われたでしょうが、こちらのサイトは閲覧者も多く、飼育の参考にされる方も多いと思いますので投稿させていただきました。クリハラリス(タイワンリス)などは規制を知らずに飼っている方もいるかもしれません。(「バナナリス」と称して売っている動物の中にいるような気がします)あと、ご存知でしょうがタイリクモモンガの許可は5年ですのでこれもご注意ください。
なお、外来生物法ですが平成17年施行ですので、5年後の22年には改正があると思います。20年から21年ごろには環境省がパブリックコメントを募集する可能性がありますから意見を言うチャンスです。

名前
おこめ
表題:

ヌー


投稿日時:

一瞬、脱線した話になりますが


「管理者」さんの引用:

冬でも、見られるんですか?

と、思います!見ようと思って出没した池のほとりに行ってもそうそう現れないのに
車を運転していてふと見たら、高速道路の乗り口がある大きな道路の歩道を
ふらっと風呂上りのビーバーみたいなものが歩いてたりします。
ヌートリア関係ののHPを見たところ、写真を撮るのに成功している方は偶然に頼らず巣の場所を確認して観察されてるみたいですね 近いうちさりげなく調査してみます。


名前
管理者
表題:

Re: 法的には(その3)


投稿日時:
「neneco」さんの引用:
そもそも「移動用施設」という物自体、動物を運搬する業者を想定しており、一般の飼い主が病院に連れて行くというシチュエーションは想定していないのではないかと思います。

おっしゃるとおり、移動動物園などの施設を想定してあるということは、素人にも明白に見えたので、「特定外来生物として規制される前から飼養等していた方」の申請書の様式に合わせて提出しています。


「neneco」さんの引用:
どのみちマイクロチップに関しては、「体力的にマイクロチップ挿入に耐えられない」という獣医師の証明書さえ提出すれば、無理に入れる必要はないものです。

モモンガについては、マイクロチップの大きさが気になっていて、現在も検討中です。
微妙なところであるんですけど、多くの人が閲覧するサイトになってしまい、私自身が社会的影響力を持つ存在になっているので、飼い主という気持ちだけは身動き取りにくくなってます。


「neneco」さんの引用:
貴重な生態系が脅かされている以上「ペットとしてなじみがあるから飼いたい」などというのは個人の我侭だ、という法律なので、緩和するには・・・というものではないのではないでしょうか。

ボランティアやっているひとも、個人でしか動けない専門家も、サイトを作ることで呼びかけているのも、元々は個人の興味から始まっていますから、そう言われるとちょっと辛いものがあります。


「neneco」さんの引用:
「ネチネチからんで嫌な奴だな」と思われたでしょうが、こちらのサイトは閲覧者も多く、飼育の参考にされる方も多いと思いますので投稿させていただきました。

「嫌な奴だな」と気にするようなら、サイトの運営なんて出来ないですし、フォーラムといった名称も使いませんよ。
閲覧者が多くなったのは私の誤算ですが、いろんな人が見たり意見したりと、その蓄積が大事なので、今後も是非参加してください。


「neneco」さんの引用:
ご存知でしょうがタイリクモモンガの許可は5年ですのでこれもご注意ください。

すでに寿命の半分くらい生きてますから、再交付できる状態なら、私的にはいい話です。


「neneco」さんの引用:
なお、外来生物法ですが平成17年施行ですので、5年後の22年には改正があると思います。20年から21年ごろには環境省がパブリックコメントを募集する可能性がありますから意見を言うチャンスです。

こういったコメントは、どこから行うんでしょうか?
私みたいな飼い主でも、行政のサイトなんて、よほどの理由がない頻繁に確認することもないですし。
何らかの活動に、このサイトを利用できるのなら、利用したいと思ってます。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。

名前
管理者
表題:

ヌーとりゃ!


投稿日時:

大きな道路の歩道をふらっと風呂上りのビーバーみたいなものが歩いてたりします。

特定外来生物の話なので、喜ぶことではないのですが、そういったシチュエーションが大好きです。自然の多かったころは、そういったことが普段の生活の中でも、当たり前に見られたんだろうなぁ〜と、悲しく思ったりもしますが。

近いうちさりげなく調査してみます。

報告、お待ちしております!
問題なければ、詳しい場所も教えてください。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
+ライム+
表題:

脱走


投稿日時:

こんばんは


引用:
リスが猫を襲うんですか!
発情期とはいえ、楽しみなリスですね。

かなり小さいときに猫を拾ってきて飼い始めたので
慣れているのか 脱走するとリスを目で追っている猫に飛びついていきます。
猫はリスに鼻をかまれたりしているのでリスを襲うことは有りませんが 
リスが凶暴なので猫が心配になってきます

ウサギは同じケージに入れてもぼーっと座るか猫が逃げるぐらいでした(勿論今はやりませんが
猫とハムスターが一緒に眠っている写真等たまに見かけますが
動物ってすごいものですね


引用:
如月さん自身が、遊びに行っても家に帰るのと同じです。
ケージが快適で、ケージの外にケージの中より魅力的な何かがなければ、普通はなわばりの巡回などの目的で外に出ているだけなので家に帰ってきます。しかし、普段から自主的にケージに帰らないのなら、環境に何らかの問題があるはずですから、それが何か探した方がいいです。
また、発情期のオスだと、普段より帰宅時間が遅くなると思います。

なるほど
確かに昔祖父がリスがケージに戻ってる! ミステリーだ!
とか叫んでました・・・

オスだと遅くなるかもしれないんですね
うちのリスはオスなので注意しておこうとおもいます。
有難う御座いました^^

(因みに 何故か鳥のえさが好きなようで 脱走すると必ずペットボトルに穴をあけて
インコのえさを食べてました)

ゴールデンハムスターのショコラと その子供達と暮らしています
至らないところ等ありますが宜しくお願いします