ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ジャンガリアン雌が急死してしまったのですが原因がわかりません

名前
月見さん
表題:

ジャンガリアン雌が急死してしまったのですが原因がわかりません


投稿日時:

初めて投稿させていただきます、宜しくお願いします。

先週迎えたばかりのノーマルジャンガリアンの雌が本日夜に亡くなってしまいました。
まだ生後1か月ほどでした。
仕事から帰宅し、ケージをのぞいて見ると巣箱の入り口付近で体を仰向けにしグッタリしていたのでおかしいと思い、手の上に乗せて状態を確認しました。
するとオエッ、オエッと苦しそうにした後、動かなくなり次第に体が硬直していきました。
外傷などはなく下痢などはしていませんでした。目やにもありませんでした。

室温は20度ほどで寒さ対策にティッシュを与えていました。
飼育ケージは水槽タイプ(45センチ×30センチ)のものです。
置き場所は床(フローリング)にコルクボードを敷いてその上においていました。
床材は市販の松のフレークです。
迎えてからは新しい環境に慣らすために不用意に触らないように注意していました。
エサは市販のジャンガリアン用「ひまわりの種PRO」「ジャンガリアンの主食PRO」「ハムスターのかぼちゃボーロ」を目安表の量で毎日夜中に与えていました。

亡くなった原因を調べているのですがハッキリとは分かりません。
環境が変わったことによるストレスでしょうか。
どんな原因でもこんなに早く死なせてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
同じ失敗を繰り返さないためにも
上記の環境でまだ至らない点があればご指摘ください。

ちょうどこの子を迎えた頃に金魚の病気治療のための小型水槽をすぐとなりにおいていました。
それもストレスになっていたのでしょうか。

名前
なちらー
表題:

ティッシュ


投稿日時:

ハムスターにティッシュってあげちゃいけないと思います。
頬袋に張り付いたりしたら大変ですよ!!!ってまさか
頬袋に張り付いて出そうとしたらノドにはいってっちゃって詰まったとかないですか?
っていうか生後一ヶ月のハムちゃんと母ハムもいっしょにかってました?
生後一ヶ月って家にお迎え後なんにちですか?
短文失礼します。。。


名前
kanon
表題:

ストレス


投稿日時:

こんばんわ。月見さん。


先週お迎えしたとのことですので、約一週間ですよね?
環境の変化によるストレスなら、お迎えした翌日には具合が悪くなっているような気がします。

文面の情報からの推測ですが、

・ティッシュを食べたことによる窒息死
・床材の松(針葉樹)によるアレルギー
・生まれつき病気や奇形(内臓等)があった。

でしょうか?

不用意に触れないように注意していたとのことですが、
ハムスターの状態の観察はされていましたか?
食欲がない、毛が抜けてきている、元気がないなど気がつかなかったでしょうか?

これが原因っていうのはわかりません。はっきりしたいなら獣医さんに解剖をしてもらうしかないのかもしれません。


いきなりのことでビックリされたでしょう・・・。
ハムちゃんのご冥福をお祈りしております。


名前
管理者
表題:

Re: ジャンガリアン雌が急死してしまったのですが原因がわかりま


投稿日時:
「月見さん」さんの引用:
するとオエッ、オエッと苦しそうにした後、動かなくなり次第に体が硬直していきました。

オエッというのは吐きそうだったということでしょうかね?
かのんさんの言うとおり、何かのどに詰まらせたような気がします。


「月見さん」さんの引用:
エサは市販のジャンガリアン用「ひまわりの種PRO」「ジャンガリアンの主食PRO」「ハムスターのかぼちゃボーロ」を目安表の量で毎日夜中に与えていました。

エサは食べきれないくらい与えるのが、良いです。
エサが足りずに、やむを得ず何か口にしたのかもしれないです。


「かのん」さんの引用:
これが原因っていうのはわかりません。はっきりしたいなら獣医さんに解剖をしてもらうしかないのかもしれません。

私も、そういった症例がないので、死因は分かりません。
生きている時には分からないことが、見つかることがあるので、原因をハッキリさせたいのなら、私も解剖をお薦めします。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
月見さん
表題:

大変勉強になりました、ありがとうございました。


投稿日時:

なちらさん、かのんさん、管理者さん
返信ありがとうございます。
大変勉強になりました。

ハムスターにティッシュがダメというのは認識不足であり勉強不足でした・・・
猛省します。
次にハムスターの状態ですが迎えた日から元気いっぱいケージを走り回り
「この子はやけに活発な子だなー」と思っていました。
今思うと、これは何か病気を訴えかけているのではないかとも思えてきました。
もっと早く気づいてあげるべきでした。