ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

膿瘍の治療中です・・・

名前
マル
表題:

私のハムスターも・・・


投稿日時:

こんにちは。

私のハムスターが・・・腫瘍ができたと

告げられました・・・。足にできたのです。

医師から・・・「切断・・・・3本足・・・」 は??

一瞬・・・頭が真っ白になりました。何で??

意味不明だし・・・・・・・・

名前
魔チャ 
表題:

しっかりしましょう


投稿日時:

どもっ


「マル」さんの引用:
医師から・・・「切断・・・・3本足・・・」 は??

一瞬・・・頭が真っ白になりました。何で??

意味不明だし・・・・・・・・

腫瘍ができてしまいショックなのかもしれませんが・・
そんな時こそ飼い主のマルさんがしっかりしないとだめですよ
意味がわからないのであればわかるまで説明してもらいましょう
これを読むだけの我々はもっとなにもわかりません
種類も雌雄も年齢も・・・・・・

その獣医がどれだけハムスターの知識があるかも?わかりません
セカンドオピニオンとかも受けたのでしょうか??

まずはどうゆう腫瘍でなぜ?足を切断しないといけないのか?きちんと聞きましょう
その診断に納得できないなら他の病院にも行ってみましょう

名前
+ライム+
表題:

三本足


投稿日時:
引用:
医師から・・・「切断・・・・3本足・・・」 は??

一瞬・・・頭が真っ白になりました。何で??

意味不明だし・・・・・・・・


うちのハムスターは私の注意不足で後ろ片足がありませんでした
というより一回とびらに挟んでしまい
次の日になったら自分で切っちゃったらしく 無くなっていました
が 普通に暮らす分には結構大丈夫なようです。
すごい勢いで逃げたり 片足でぶらさがったりできていたので。。
ハムスターはあまり外の怪我を感じないようなので 少し安心しました
人間だったら自分で足切るとか絶対やらないので

足一本で命が助かるならいいと思いますよ
野生なら逃げ切れないで敵に捕まったりあるかもしれませんが
一応飼われてるなら平気だと思いますし

飼い主さんが片足なくすのを拒んでハムちゃんが腫瘍で死んでしまったら可哀想だし 3本あしだからって気持ち悪いとか無いと思うので  


あったらハムスターなんて飼ってられませんしね

色々と言い方悪くてすみませんm(_ _)m 乱文失礼しました

ゴールデンハムスターのショコラと その子供達と暮らしています
至らないところ等ありますが宜しくお願いします
名前
ルリネコ_BB
表題:

完治しましたので最終報告を・・・


投稿日時:

ご無沙汰です&はじめまして、ルリネコです。
遅くなりましたが、完治しましたので事後報告を。


「管理者」さんの引用:
ウイルスじゃなくて、細菌じゃないですか??
ウイルスが関する膿みは危なそう。

私の聞き間違いというか・・・
ウィルスも細菌も「身体に悪さをするモノ」くらいにしか認識していませんでした。
膿のなかで発見されたのは “ 細菌 ” のほうです。

---

肝心の経過は

● 9/8〜9/22

抗生物質を投与しながら経過観察。
また膿が溜まってしまい・・・
ハムスター自身がちょっと気にしていたようなので吸引しにいきました。
9/22日です。
そのときに出た膿は、前回よりも粘り気が強い黄色いモノでした。
投薬が効いているのでは?という獣医師の見解で投薬を継続。

● 9/29〜10/4

愛用のニッパイのペレットが無くなり(SHOPで取扱いがなくなった)
動物園で使われているらしいモノに変更したところ
まったくペレットを食べなくなり、若干、体重が減少。
ニッパイに戻したところ、体重も元に戻った。
膿がまた溜まりだし、大豆サイズまで腫れたので外科的処置を検討する。
(10/6に通院し、場合によってはそのときに手術を予定)

●10/5

散歩中に体調をチェックしたところ
前日まであった患部が消滅していることを確認。

●10/6

4回目の通院。
患部は自力で穴を開け、膿を出した模様。
経過もよく傷口も見当たらないので、膿がたまらなければ完治とのこと。

●10/11現在

膿がたまることはなくなり、完治した様子。

---

投薬が効いていたのかは不明ですし、自力で処置してしまったようで・・・
ハムスターの健康には何もできなかったような気がします。

とりあえず、麻酔のリスクがある外科的処置をしなくてすみました。
もうちょっと早く決断していれば、早くラクにしてあげられたのかもしれませんが
結果オーライと納得するべきなのでしょうね。


名前
管理者
表題:

Re: 完治しましたので最終報告を・・・


投稿日時:
「ルリネコ_BB」さんの引用:
ウィルスも細菌も「身体に悪さをするモノ」くらいにしか認識していませんでした。
膿のなかで発見されたのは “ 細菌 ” のほうです。

簡単に言うと、自分で繁殖できるのが細菌で、他の生き物の体を借りて繁殖するのがウイルスですね。ウイルス自体はめっちゃ弱いけど繁殖力が高いから、宿主が弱っていると悪さしやすいです。


「ルリネコ_BB」さんの引用:
とりあえず、麻酔のリスクがある外科的処置をしなくてすみました。
もうちょっと早く決断していれば、早くラクにしてあげられたのかもしれませんが
結果オーライと納得するべきなのでしょうね。

とりあえず、良かったですね。
細菌が原因ということなので、何がきっかけで、何で細菌が入り込んだのかなどを考えて、今後の飼育に活かせると、より良いハムスターライフを提供できると思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。