ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

巣箱と砂遊び場を交互に行き来して寝ます


名前
管理者
表題:

Re: 脳機能低下・・・・


投稿日時:
「魔チャ 」さんの引用:
エアコンもほぼフル稼働させてますが、やはり野良寝しますし見るたびに数カ所のローテーションして寝てます
もちろん巣材をわざわざ表に出してその上に野良寝してる時も・・・・・

巣箱の中まで涼しくなっていないか、設定温度が高いのか、どちらかですかね?
うちのハムスターは、エアコンが動いていると、外では寝ませんよ。


「魔チャ 」さんの引用:
え? 人間だって布団で寝ていると敷き布団が暖かくなりますよね??
寝返りをうつのはそれから逃れる為なのもあるのではないかと・・・・・

逆にいうと、寝返りしなくてもいい環境があればいいと思いますね。


「魔チャ 」さんの引用:
そう言えば ハムずタワーとかで多頭飼育してる人のハムずケージは気温差がないのだろうか??

衣装ケースをラックなどを使わず山積みにしたりして飼っている人の環境を見たことがありますが、部屋の隅に置いていたりと、ケージによって温度差があることが分かりましたよ・・・。


「こめ」さんの引用:
それか、個別のケージをラックに並べてタワー状にしたものですか?(←「管理者さんの巣箱」でお見かけするようなハム巣棚のようなコンドミニアム形式)

ケージは余っているけど、基本は死ぬまで同じケージなので、完全分譲ですね。しかも、空き家になっても2ヶ月くらいは使用せず、前の個体のニオイが消えるのをまってます。
うちのラックは、ケージとケージの間に風の通る隙間がありますし、部屋の隅にラックを置いてませんし、ケージの底面がガラスなので、暑さなどには強くしてますよ。
犬が土を掘って暑さを逃れるように、ハムスターが床材を掘るとガラスや、ストーンベッドが出てきて、かつエアコンの空気がすぐ外を流れているので、涼しくなる設計ですね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
魔チャ 
表題:

改善が必要???


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
巣箱の中まで涼しくなっていないか、設定温度が高いのか、どちらかですかね?
うちのハムスターは、エアコンが動いていると、外では寝ませんよ。

ウーーン なるほど・・・確かに温度設定が高いのかもしれません・・・
エアコン28度 ケージ内27度くらい?デジタル方式ではないのでおおよそですが
エコ関係と夏場という意識とで気持ち高めにしてるけど・・・・・もう1度か2度下げたほうがいいのか・・・


「管理者」さんの引用:
逆にいうと、寝返りしなくてもいい環境があればいいと思いますね。

どうなんでしょうかねぇ??単なる「くせ」もあるかもしれないし
床ズレ防止の為?だったりするかも・・・・て数時間だけじゃそれはないか・・・


「管理者」さんの引用:
衣装ケースをラックなどを使わず山積みにしたりして飼っている人の環境を見たことがありますが、部屋の隅に置いていたりと、ケージによって温度差があることが分かりましたよ・・・。

やはり 温度差はでてしまうんだろうなぁ・・・・横に並んでる場合は差が少ないだろうけど
なんか山積み て聞くと すんごい光景を思い浮かべてしまうw


あとはケージその物の違いもあるんでしょうね・・・・・
プラスチック製、アクリル製、ガラス製等など・・・・・
熱伝導?の違いも多いに関係ありそうだ
と考えるとやはり爬虫類用ケージは優秀なんだなぁ・・・・高いだけはある!w


名前
管理者
表題:

Re: 改善が必要???


投稿日時:
「魔チャ 」さんの引用:
エアコン28度 ケージ内27度くらい?デジタル方式ではないのでおおよそですがエコ関係と夏場という意識とで気持ち高めにしてるけど・・・・・もう1度か2度下げたほうがいいのか・・・

うちには、モモンガセンサーという優秀な仕組みがあって、適温が分かる仕組みになってます。センサーの読み取りには、慣れが必要ですが。

私は今使っているエアコンは、比較的に新しいものですが、何もしてないときは28度でいいけど、自分が動いたりパソコンなどの電源が入ると、もっと温度を下げないと暑いですね。ハムスターの場合は、人間より暑さに弱いし、ケージの中で走り回っているので、人間の適温より少し低めが良いと思いますよ。


「魔チャ 」さんの引用:
と考えるとやはり爬虫類用ケージは優秀なんだなぁ・・・・高いだけはある!w

世の中の、小動物とは虫類の認識の違いというかね。飼育頭数では、小動物の方が多いんだから、良い物が多くなるはずなんだけど。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。