ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

動物愛護法を勉強していて

名前
ragi
表題:

動物愛護法を勉強していて


投稿日時:

当たり前の話ですが、ペットとは動物愛護法で保護されています。
すごーく、当たり前のことしか書いていませんが、参考になることが書いてありました。以下に抜粋と、個人的なコメントを書きます。
もし、個人的なコメントに間違い・ご意見・ご指導があれば、ツッコミしてもらえませんでしょうか?向学のために、お願いします。

もし、フォーラムに、条文を抜粋することに問題があれば、削除します。

第5条-2 動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物に起因する感染性の疾病について正しい知識を持つように努めなければならない。

  • 飼い主は、知識を持つ(努力を)することが、法律で決められているんですね。

第5章 罰則 第27条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

2 愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、30万円以下の罰金に処する。

3 愛護動物を遺棄した者は、30万円以下の罰金に処する。

4 前3項において「愛護動物」とは、次の各号に揚げる動物をいう。
 一 牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
 二 前号に揚げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの


ここでいうペットとは第27条4項二により、飼育環境下のハムスターも該当すると思います。
「人が占有する」という、解釈は、諸説ありますが、これは他人という意味ではなく、飼い主も含まれるようです。「人が占有している」=ペットとして飼育している、という解釈でしょうか?詳しい方、ご解説をお願いします。
一は野良でも保護下であり、飼育者がいる二も、保護下のようです。

とにかく、ハムスターを飼育するために、

  • 法律で感染症についての知識を学ぶ努力をする、義務があります。

(広義で、ハムスター学を推進する必要があると、考えています。ハムスターからの感染症等を判別するために、学習範囲は生態・飼育環境も含まれると個人的に思います)

    [*]無分別(みだり)な、殺傷・虐待・遺棄は、犯罪です。

(魚類・両生類・昆虫は、法律上含まれないために、ミールワームをみだりに殺傷しても犯罪にはなりません。ミールワームも命ですが、愛玩動物飼育下で弱肉強食を行うことに、個人的に抵抗があるので、ミールワームは与えていません(ペレットに動物性淡白が含まれることは知っています))
他にもこの法律には、実験動物の条文などがあり、参考になります。
ペットを飼うことの重みを、初めて飼う方にも、認識して欲しいと思います。


名前
管理者
表題:

動物愛護六


投稿日時:

私も、本を持っていたりするんですが、実は読んでません。 当たり前のことを、並べて書いてあるだけですし、道徳のある人間なら読まなくても実行できるからです。けど、しっかり知りたい!って人は、読んだ方がいいかもしれないですが、法律の本を読む時間があるのなら、行動学の本を読んだ方がいいと思いますよ。 私の持っている本は「動物愛護六法」って本ですが、その本に要約が載ってませんでしたっけ?多分、法律の話を出してきても、誰も乗ってきてくれないから、自分で何とかするしかないと思います。しかも、法律だと口出ししにくいと思います。 とりあえず知りたいって人は、 知って損無し!ペット関係法令 知っておきたい動愛法のポイント 動物に関する六法 を見ればいいと思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ragi
表題:

ありがとうございます。


投稿日時:

管理人様

体系的に法律論がまとめられている、サイトのご教示ありがとうございます。
勉強してみます。

法律論は、あまりこの場の趣旨として、ふさわしくなさそうなので、追加の議論・書き込みは、自粛します。


名前
管理者
表題:

書き方悪かった?


投稿日時:
「ragi」さんの引用:
法律論は、あまりこの場の趣旨として、ふさわしくなさそうなので、追加の議論・書き込みは、自粛します。

いやいや、ふさわしくないってことじゃないです。
討論が進まないだろうということです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
雪だるま
表題:

難しい問題も含まれていると思います。


投稿日時:

法律論は全然わからないので、教えていただけると嬉しいです。 

ハムの飼育は各ご家庭で閉鎖的に行われていることが多いので、飼い主のモラルに依存してしまうと思います。刑罰を執行できるとしても、ハムの虐待自体が周囲に気づかれにいので救出は困難なのではないでしょうか。寿命が短いし体も小さいので罪悪感を感じにくい人がいるのが問題ですよね。
でも、法律として文章にすることは大事だと思います。


「ragi」さんの引用:
魚類・両生類・昆虫は、法律上含まれないために、ミールワームをみだりに殺傷しても犯罪にはなりません。ミールワームも命ですが、愛玩動物飼育下で弱肉強食を行うことに、個人的に抵抗があるので、ミールワームは与えていません(ペレットに動物性淡白が含まれることは知っています)。

↑実はここにはすごく難しい問題が含まれていると思います。
というのも、人間は自分に近い(似ている)存在により多く親近感や愛情を感じ保護しようとすることです。
魚類・両生類・昆虫が保護されないのもそういう意味を含んでいます。
もっと深く突っ込んで考えると、草は命じゃないのでしょうか・・・。
草や昆虫を保護すると言い出したら人間は1歩も歩くことができなくなります。
ではなぜ両生類や魚類は保護しないのでしょう・・・。
草も命と考え出すと、すべてのペットは飼えなくなります。

この問題について私はもう何年も考え悩んでいますが、結論が出ません。
法的には人間により近い存在で、なおかつ体のサイズが大きくて殺したら罪悪感が大きそうなものが保護されました。
それ以下のサイズの命については、結局個人個人がどこで線引きするか・・・の問題になると思います。