ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍で末期です。

名前
まるる
表題:

報告


投稿日時:

まず最初に、まだ生きております。
ただの介護日記に利用しているみたいで申し訳なくて、亡くなるまで日まで書き込みを控えようかと思っていたのですが、音沙汰無しもまた、心配して下さってた方々に失礼な気がいたしまして、また、書き込ませていただきました(苦笑)。
今、うちのハムスターは、「まだむくむ事が出来たんだ!」と驚くぐらいにむくんでしまい、呼吸も遅くなってしまいました...。
おそらく呼吸が遅いのは、肺にも水が溜まっているためと思われます。
正常時のゴールデンハムスターの呼吸数はわからないのですが、昨日の段階で21〜29回/分、今日にいたっては12回/分。人間でも少し苦しい呼吸数です。(小動物の方が人間より呼吸が速いですものね...?!)
私は喘息持ちなので、呼吸が苦しい事のつらさが痛いぐらいよくわかり、「私もわかるよ(涙)。」と話しかけるうち、気づいたら私も喘息の発作が出ていました(苦笑)


「お墓はどうしましたか?」の記事を見つけ、昨日ふと読みました。


「ちーたん」さんの引用:
2年10ヶ月一緒にいたパールハムスターが今日亡くなりました。
悪性腫瘍との闘病の末、本当に涙が出るほど最後の最後まで食事をし排泄も頑張っての最後でした。

うちのハムスターの症状に似ていると感じました。
今朝も、ほとんど体を引きずった状態でブルブルに震えながらトイレに行き、耳かき1杯ぐらいだけど食事を口にしました。

名前
まるる
表題:

先ほど息を引き取りました。


投稿日時:

ハムスター、先ほど亡くなりました。
今までたくさん心配してくださってありがとうございました。


病名
腫瘍(悪性腫瘍)

最初の異変
シッポが濡れている。少し悪臭がする。(薄く血液の混ざった細菌混じりのおりものが出ていたため。)
※「腸炎」、「ウェットテイル」、「子宮蓄膿」とも、初期症状が似ているらしい。

最初に症状が出た日から亡くなるまで
94日(9月26日発覚〜12月28日死去)

享年
2歳3ヶ月

死亡時の体重
140g(あまり食べてなかったので、本来90g程度だったと思うので、残りの重さ50gは腹水や腫瘍分...。)

通院
計12回(最後は治療をやめた)
計27,090円

9月26日
シッポが濡れていて病院に行った事で腫瘍発覚。肛門の右横(足の付け根?)辺りに、ピーナツ大の腫瘍。
皮下の腫瘍じゃなく、内臓癒着。2歳を越している事もあり手術はしない。
抗生物質治療開始。

10月
薄い血の混ざったおりものは止まっておらず、少しずつ震えも出るようになってきたが、生活に変化は出ていない。体調は安定。
 
11月13日
11月に入った頃から少しずつ食欲がなくなっていたが、体重が89gになってしまう。
血液混じりのおりものが出続けているせいで貧血(手足の血色が悪く冷えてる)も起こしていたため、抗生物質の他に、貧血用でサプリメント液も始める。
食事をペースト物主流にする。

11月21日
立ち上がってエサを受け取った時、そのまま後ろに倒れるように転ぶ。

11月下旬〜12上旬
体調は安定しているようだが、この頃から耳を倒しっぱなしになる。

12月11日
12月に入った頃から徐々にふっくら(特に下半身が)してきたと思っていたら、体重が126gまで回復していた。

12月12日
大出血!緊急病院に行く。肛門の5mm右横に何故か穴が開き、そこからお腹に溜まった血が排出されていた。体重が増えていたのは、血液や腹水が溜まっていたせい。
腫瘍の全身転移(末期)が発覚。
止血剤と、体力維持の注射をうつ。

12月14日
再出血!病院で止血剤と、体力維持の注射。(これを最後に通院やめる。)
その夜から段差が登れなくなる。

12月15日
不調。体に熱を持っているらしく暑がる。手足に黄疸が出る。(この日から投薬もやめる。)

12月16日
自然に排便出来なくなり、自ら便を肛門から引き抜いて出すようになる。上半身(首や脇などリンパの辺り)が腫れる。 

12月17日
不調。体に熱をもっているらしく暑がる。手足の指を握り締めぎみになる。

12月19日
自ら便を引き抜く事も出来なくなる。

12月21日
低体温!この日からほぼヒゲを寝かせたままで動かさなくなる。

12月23日
手足が弱まった上に体重も増えたため、抱き上げられ下ろされ時、手足で着地することが出来ない。

12月25日
低体温!(体調や室温に左右され自分で体温を保てない。)

12月27日
未だトイレに歩いて行くが、歩く時の震えが尋常じゃなく激しい。肺にも水が溜まっているらしく、呼吸がかなり苦しそう。(息が荒いのではなく、遅すぎる。)

12月28日
むくみがピーク。胸元のふくらみ方は、まるでエサを食べた後のヒナ鳥のよう。(バサバサの毛の間から、皮膚が丸見え。)
呼吸が昨日よりさらに遅く、苦しそう。
早朝のトイレと、微量の食事後は、何も口にせず、トイレにも行かない。
そして 20時20分、死亡確認...。

名前
雪だるま
表題:

お悔やみ申し上げます。


投稿日時:

まるるちゃんのこと、心からお悔やみ申し上げます。
まるる様も今まで本当に、本当にお疲れ様でした。
まるるちゃんもきっと安らかに眠ってくれることでしょう。

つらいときも苦しいときも闘病記を書いていただきありがとうございました。
ハムスターを飼うということ、闘病のこと、飼い主の心構えなどたくさんことを考えるきっかけを与えていただきました。
同じように闘病している飼い主さんにとっても、きっと励みになったと思います。

いろいろ考えると眠れないかもしれませんが、ゆっくりお休みくださいね。
まるるちゃんのご冥福をお祈りしております。


名前
管理者
表題:

お疲れ様でした


投稿日時:

闘病期間としては、かなり長かったですし、お金もたくさんかかりましたよね。
その分、まるるさんが得られた物は、大きいと思います。
また、このトピックも無駄にはならないと思います。

これに懲りずに、またハムスターを飼ってあげてください。
苦労した分、次の子は幸せだと思います。

ホント、ご苦労様でした。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ragi
表題:

お疲れ様でした


投稿日時:

まるる様、お疲れ様でした。そして、非常に貴重な情報をありがとう御座いました。振り返ってみると、最大限の飼い主と愛ハムの闘病記録ですね。僕も、まるる様を手本に、今後のハム人生を考えていきたいと思います。まるる様は、ハムスター飼い主の鑑だと思います。