ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍で末期です。

名前
ragi
表題:

余命は


投稿日時:

おはよう御座います。ragiです。


余命は全く推測できませんが、便の状態だけで見ると、危篤である可能性は薄いかなぁ...って思われます。(当方獣医ではありませんので、確定ではありませんが)
危篤の時は、

  • うずくまって、あるいはひっくり返って、呼吸が荒い
  • 水下痢をしている
  • 体温が急激に低下している(抱っこしたらすぐに分かります)

こんな状態だと、もはや危篤と考えられます。
参考に、我が家では既に3匹のゴールデンがお星様になっていますが、そのいずれもが、巣内ではなくて、巣の外(ゲージ)中央部分で、危篤或いはお星様になっていました。

ただ、ハムスターは変化が早いです。というか、先日の突然死事例のように、飼い主が死に目に会えない場合とか、死に目に会えたケースでも、朝見たら、突然おなかをひっくり返して下痢してて、その後30分くらいで終わったりなど。。。

充分ケアしてあげてください。まるる様も少し、お休み下さい。

名前
いづみん_BB
表題:

経験から


投稿日時:

おはようございます。
介護お疲れ様です。
経過をずっと拝見させて頂いていますが、なんとお声を掛けたらよいか判らずいままできてしまいました。
初心者故にあまり知識もなくて・・・
つたないですが経験したことを書き込みさせていただきます。
ご参考まで。

今年の夏実家の犬を、そして先月ジャンガリアンをガンで亡くしました。
2匹とも息をひきとる1週間くらい前から急激に食欲が落ちました。
ジャンガリアンに関して言えば、気付いた時はガンがかなり進行していて食欲が落ちたことで初めて病気に気付きました。
レントゲンを撮ったのですが、腫瘍が筋肉や骨まで侵食し始めていて、片足が歩くのもままならないほど腫れあがっていました。その時点で転移は見られませんでした。
アメリカ製の抗ガン剤とまいたけを1日3回飲ませて様子を見ていましたが、病院から再診を言われていた丁度1週間目の朝息をひきとりました。
息をひきとる2〜3日前くらいから夜中に巣箱で寝ず、野良寝をしていたのを覚えています。とても息が荒く辛そうでした。
それでも頑張って薬を飲んでくれていました。
息をひきとった日の朝は食べ物はおろか、薬も全く受け付けてくれませんでした。
手のひらに乗せても明らかに体温が低くなっているのがわかりました。
しばらく手のひらの中で暖めていましたが、家事に少し手を取られている間に小さな声をあげて息をひきとりました。
便に関して言えば亡くなる前日臭いのある下痢をしました。
それまでは普通の便をしていました。

様子を伺っている限りでは、まるるさんのハムちゃんにはまだ時間がありそうです。
残り少ない間、幸せな時間を与えてあげてください。
こちらは見ているだけしか出来ず、辛いですけどね。

名前
まるる
表題:

参考になります!


投稿日時:

管理者さまのハムスターさんを見て、心が和みました!
うちのハムスターも元気な頃は、よく うんていをしていました
でもうちの子はオバサン顔ではなく、タレントの「菊川 怜」に似でしたけどねっ!(対抗意識?!笑。すいません)
運動神経がよくって甘え上手で美人!ハムスターにしておくのがもったいないぐらい!(ちょっと親バカ?!笑)

ところで、やはり皆様も、末期は末期でも「カウントダウンに入った末期ではない」とお考えなんですね!
安心しました!私もそんなカンジがしていたんです。
もちろん、だからと言って仕事復帰して家を空けようとか、手を抜こうとか企んでいる訳ではありません。
悪化するにしたがい手抜きになるようなら、今までの全力投球がまるで無意味になりますし、なにより、管理者さまのおっしゃる通りハムスターがかわいそうですものね...
「短期対応モード」から、「長期対応モード」に切り替えるだけです。
短距離走の勢いで、長距離走は走れませんから(笑)!

今まで、「私はどうなってもいいから」とずっと思っていて、今ももちろんその気持ちに変わりはないのですが、雪だるま様の言う通り、私が寝込んでしまってはハムスターの世話をする人がいなくなってしまうので、長期介護になるならなおの事、自分の体(健康管理)も大切にしようと思います。そして、後悔のない介護をしたいです。

でも、今後はもう大丈夫な気がしますっ。
実は今まで、トイレからも走って戻ってくるような看護をしていたんです(苦笑)
危篤の時の予行練習は十分できたのでー(笑)、これからは普通に看護しますっ
もちろん、ragi様が経験された「急変」というのも頭に入れて、変な油断はしないよう気をつけます!

皆様 本当にありがとうございます!!

P.S. ゴールデンハムスターの時間は人間の10倍で過ぎているのだから、3日で1ヶ月、9日で3ヶ月、18日で半年。
うちのハムスターは当初、人間で言うところの余命1ヶ月なんだと思ってた...。でもこの調子だと余命3ヶ月も乗り越えそうだし、余命半年?!いや、それとも、余命1年〜?!!(Gハム時間で1ヶ月ちょい)

名前
まるる
表題:

いずみん様ありがとうございます。


投稿日時:

いずみん様
ずっと見守っていて(読んでいて)下さったんですね。
ありがとうございます。
ragi様のおっしゃってた事と いずみんさんのおっしゃってる事に 共通点が多くて、驚きました。
そして、今までおぼろげにしか想像できなかった「死の兆候」や「最後の日の様子」がより鮮明に想像できてきて、...ギュッと胸を締めつけられるような痛みを感じると共に、「もう未知のことじゃない!」という、吹っ切れたような前向きな強さが、自分の中に生まれてきたのを感じました。
今朝もハムスターはトイレに行きました。便も下痢どころか詰まってましたし、今日も乗り切れそうです(笑)。

夏に亡くなられた犬さんと、先月亡くなられたジャンガリアンさんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
   ありがとうございました!

名前
まるる
表題:

低体温!!


投稿日時:

いつもなら平均6〜7時間間隔で行くトイレを、昨日の夕方6時40分以降行ってない事と、今までなら便をしたら几帳面に巣箱の外に出してたのが今日はまだ一度も出していない事が気になり、先ほど巣箱を開けてハムスターを抱き上げ、巣箱の中をチェックさせてもらいました。
その結果、便はハムスターの下にいくつもありました。捨てるのが面倒くさくなったのか、体調が悪かったのでしょうね。
で、便の事は一安心だったのですが、抱き上げたハムスターが思いがけず、ひんやりしていたんです...!
手の中で温めようとしたんですけど、「手の中にいるのは嫌だ」という態度をとられたので、あきらめて巣箱に戻し、カイロ(肌に直接貼れる低温タイプの物)を巣箱の裏に貼っておきました。
私の中では、「食欲が落ちる→下痢→低体温」という順に進行すると思ってたんですけど、いきなりの低体温!!
まだ、「死んでしまう」とも「危篤」とも決まったわけではないのですが、すごく心配です...。
巣箱にこもってしまいましたから様子を観察することも出来ず、でも、いてもたってもいられなかったものですから、こうして書かせていただきました。
ちなみに昨日は、食べたりする時でもずっと半目、もしくは目をつぶった状態でした。体も、昨日一日でグッとむくんだように感じます...。
あと、ハムスターを抱き上げた後、手がオシッコ臭くなってたので、巣箱でオシッコを少しもらしていたのかもしれません。

でもまぁ...、今までもいろいろ大騒ぎしておいて結局大丈夫だったし、まだ逝くには早い気がするので...、きっと朝、「お騒がせしました」って謝罪文(?)を出すことになると思ってるんですけどね...(笑)。
朝、また書かせていただきます。