ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

腫瘍で末期です。

名前
ragi
表題:

介護の話ではありませんが...


投稿日時:

まるる様。


献身的な介護の様子が伝わってきます。

便を取る話ですが、ハムスターのおしりの穴って、人間のそれと違い、少し便がたまるようになっているみたいです。(通常便ならば、2、3個くらいはたまるんじゃないかな...)

個人的には、便を自分で処理できなくなるようであれば、要介護だと思われます。

あえて何もしないという、考えも、ありだと思います。
自然では、介護はされないと思います。

名前
まるる
表題:

そうなんですねー。


投稿日時:

やはり、たまるようにできているんですね〜
昨日の場合では、本人が日中やった時には4個つながりのものが1本と、他3個出てきていて、私が夜ケアした時には4個出てきました。
ずっと、「どうなってるんだろうなぁ」と最近ナゾだったんです(笑)。
スッキリしました!
あ、なんか汚い話ですみません

名前
まるる
表題:

そのまま送信してしまいました。


投稿日時:

排便の介護のことですが、自然界ならば確かに、誰も下の世話なんてしてくれないですから、糞詰まったならば糞詰まったまま、悪化していくんでしょうね。
自然界はそんなに甘くないですものね。

私も管理者さまとの交信の中で、自分の過干渉に気づき、「もうやめよう」、「自然にまかせよう」と思ったのですが、
先ほどハムスターが出てきまして、またトイレの後、なんとか立ち上がる姿勢をとり、こちらを見上げるんです。
「私に訴えかけてるように見えるのは、私が都合よくとらえてるせい(勘違い)」と見ない振りをしていたら、今度は、私のいる側まで歩いてきて、ヨロヨロ立ち上がってこちらを見て、やっぱりアピールをしているっぽいのです。
たまらず抱き上げて、またマッサージをして便を出してあげてしまいました。
ダメですね、意思が弱くて。
こういう人が、犬を太らせちゃったり、子供を過保護にしてしまうのでしょうか...。

歯の話ですが、ハムスターにペレットを「もう食べません。嫌いです。」と排除されても、懲りずに巣箱にペレットを忍ばせておいたら、歯のいずさには敵わなかったのでしょう、無くなってました!(かじって食べてしまったようです。)

名前
ragi
表題:

愛玩動物ですから。


投稿日時:

まるる様

ハムスターは愛玩動物ですから、愛情持った飼育が適当だと、個人的に思います。
愛情表現の方法は、いろいろあると思います。

名前
まるる
表題:

ありがとうございます。


投稿日時:

こうしてハムスターがアピールをしてくれている時の接触は、たぶんそれほどストレスにならないと思いますので、(逆に無視した方が不安にさせることもあるかもしれませんので?!) 様子を見ながら、度を越さないように常に意識をおきつつ、かかわっていこうと思います。

うちのハムスターは、急激な悪化はせず、一つ一つ階段を下りるように悪くなっているようなので、今現在まだ寝たきりにもなっていませんから、この感じだと、今日.明日はまだ大丈夫な気がします。
(胸の苦しみは今も変わりませんが、)心の準備をする時間がこうして十分取れてます事と、サイトの皆様に支えていただいておりますおかげで、少し冷静に考えられるようになりました。ありがとうございます。
これからも悔いのない付き添いを出来るよう頑張ります。