ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

手術するべきか否かについてご意見ください。

名前
ゆうこ_BB
表題:

Re: poshiさんの本題からそれますが…


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
「ゆうこ_BB」さんの引用:
この獣医に麻酔のことをきいたら余裕で大丈夫といわれましたね。
ハムスターは3歳までは生きることができるから、やっちゃいましょうと。
どの獣医さんも、そんなことを言ってくれれば、もっと助かるペットも多いんでしょうけどね。
人間が子供を産むという当たり前の行為でも、死ぬことがあるし、何をするにもリスクって伴うんだから、飼い主もそのリスクを理解して医療に参加しないと、獣医も経験の蓄積もできないだろうから、余計にリスクばかり目立ってしまうのでないかと思いますね。

そうですね。
医療行為を躊躇するのって、金銭面とリスクに対する不安がほとんどだと思います。
私が最初の頃にみてもらってた獣医は高齢ハムに対する外科治療には消極的でした。ハムスターの寿命を考えると大掛かりな治療をほどこすまでの価値があるのかは微妙だとはっきり言われました。
獣医さんに言われてしまうと、慣れていない飼い主は真に受けることしかできなくなってしまいそうです。
さらに人間の医療費と違って10割負担の価格ですからね。ますます尻込みしてしまうでしょう。

でもハムスターは苦しんでいますからね。
その状態から目をそむけて自分を納得させる、正当化させる理由を探している暇があるのなら1秒でも早く苦しみから救ってあげる方法を模索しなければならないと思います。助かる可能性があるのであれば…。

反対意見をお持ちの方がいれば、有意義な討論になりそうですので是非よろしくお願いします。命にかかわるとても大切なテーマだと思いますので、いろんな方が書いてくれると嬉しいです。


名前
管理者
表題:

Re: poshiさんの本題からそれますが…


投稿日時:
「ゆうこ_BB」さんの引用:
私が最初の頃にみてもらってた獣医は高齢ハムに対する外科治療には消極的でした。ハムスターの寿命を考えると大掛かりな治療をほどこすまでの価値があるのかは微妙だとはっきり言われました。

よく高齢だからという判断で、処置すら諦めてしまう人がいるんですけど、目の前で苦しんでいる人(ハムスター)がいるのに、助けないという感覚がよくわからないです。
道路に、年寄りが倒れていても、高齢だからといって放っておかないですよね?助けるときに車に跳ねられかけたり、救急車が来るまで無駄な時間も必要だし、手が血で汚れたり、見たくはない状態を見ることもあります。場合によってはすでに死んでしまっている可能性もあるし、年寄りは体力がないので、全てが無駄になることもあります。
私は、死んでしまっていると分かっていても、何もしないということはないですが、そうしない人が言う、「家族」や「愛」ってきれい事にしか聞こえないです。


「ゆうこ_BB」さんの引用:
さらに人間の医療費と違って10割負担の価格ですからね。ますます尻込みしてしまうでしょう。

私は自営なので、健康保険料の高さというのが身にしみて分かりますし、バカバカしいので払ってません。だから病院に行くときは、常に実費なんです。
動物病院で支払うお金は対価として安いと思うくらい何ですけど、人間の病院は高すぎると思いますよね。つい最近も、1分医者と話しただけなのに、3000円も取られましたし。
なんだかんだサラリーマン家庭が多いので、健康保険や税金などを支払っている感覚が少ないので、全額負担という言葉に惑わされているだけだと思いますね。経済や社会の仕組みを理解していれば、私と同じように考えるハズなんですけどね。

ペットの命を見捨てるのは、自分の命の方が大切だと思っている(自分にかかる負担を減らす)からで、ペットや他人を見捨てる人ほど、自分は無駄に長生きしようとします。自分や命の価値を理解していれば、それがペットであっても自分であっても、同じ判断を行うはずですから、そう簡単には諦めることをしないでしょうからね。


「ゆうこ_BB」さんの引用:
命にかかわるとても大切なテーマだと思いますので、いろんな方が書いてくれると嬉しいです。

書いてほしいなぁ〜

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
poshi
表題:

遅くなってすみません


投稿日時:

poshiです。長らく書き込まずにすみません。
手術の結果ですが、残念ながらあやめはお星様になりました。
腫瘍だと思われていたものは「肝膿瘍」で、
ぱんぱんに腫れていたそうです。
そして手術中に亡くなりました。

今回ずいぶんいろいろ悩みましたが、手術してよかったと思います。
こちらのフォーラムでもよく手術や治療に関して金銭問題が取り上げられますが、
私は料金に関しては迷いはありませんでした。
(ちなみに今回の手術に関する診察・手術・薬代は全て含んで1万円でした)
結果論になってしまいますが、
おそらく手術をしなくてもあやめの命はもう長くありませんでした。
飲ませていた薬もあくまでも腫瘍を想定しているので効くはずもありませんし、
もっとたくさん苦しませて、
そしてそれに気づくことができずに終わっていた気がします。
なので冷たくなった彼女を見せられたときもちろん哀しかったですが、
お腹を触ってみてしこりのないやわらかなお腹になっていて、
「この子は解放されたんだな」と不思議にほっとした部分もありました。
今回無知のために彼女を苦しめてしまったことを反省し、
まだ一緒に暮らしている子がいるのでその子のためにも、
もっと学んでいかなくてはと思いました。

管理人さん、ゆうこさん、コメントありがとうございました。

名前
ゆうこ_BB
表題:

Re: 遅くなってすみません


投稿日時:

まず初めにposhiさんのハムちゃんのご冥福をお祈りいたします。
「肝膿瘍」だったんですね。
小さな体でよくがんばったと思います。
動物は生きることにいじらしいくらい真っ直ぐだとつくづく思います。
人間みたいに途中であきらめたりはしませんし。
苦しくてもそれを投げ出すことが出来ない分、その苦しみを取り除いてあげることが飼う側の役目のひとつなのではないでしょうか。


「poshi」さんの引用:
冷たくなった彼女を見せられたときもちろん哀しかったですが、
お腹を触ってみてしこりのないやわらかなお腹になっていて、
「この子は解放されたんだな」と不思議にほっとした部分もありました。

poshiさんのこの言葉の中にハムちゃんへの愛情がかんじられました。

今回の結果を正当化するためだけに言うわけではないのですが、最期の時を迎える瞬間の状態ってとても大切だと私は思います。
どんな生き物も必ず最期の時がおとずれます。
自分に置き換えて考えてみるに家族から大事にされて看取られるのか、孤独死なのかどちらを望むかは言うまでもないことでしょう。


「管理者」さんの引用:
自分や命の価値を理解していれば、それがペットであっても自分であっても、同じ判断を行うはずですから、そう簡単には諦めることをしないでしょうからね。

命の価値の理解、とても重要だと思います。
本当に理解する人が増えれば増えるほどペットを飼う人は減るのではないでしょうか。

最後にposhiさん、ハムちゃんお疲れ様でした。
これからもハムちゃんを大事にしてあげてください。


名前
管理者
表題:

Re: 遅くなってすみません


投稿日時:
「poshi」さんの引用:
そして手術中に亡くなりました。

間接的には、安楽死という形になってしまったんですよね。
手の施しようがなく、苦しみながら死ぬことを考えれば、結果的に良かったのかもしれませんよね。


「poshi」さんの引用:
ちなみに今回の手術に関する診察・手術・薬代は全て含んで1万円でした

それは、安いですよね。
ちょっと、ビックリです。


「poshi」さんの引用:
飲ませていた薬もあくまでも腫瘍を想定しているので効くはずもありませんし、もっとたくさん苦しませて、そしてそれに気づくことができずに終わっていた気がします。

それに気づいたことは、大変意味があることなのかもしれません。
その獣医さんのもとへ、同じような症状のペットが訪れたときに、助かる可能性も増えると思いますし。


「poshi」さんの引用:
今回無知のために彼女を苦しめてしまったことを反省し、まだ一緒に暮らしている子がいるのでその子のためにも、もっと学んでいかなくてはと思いました。

今回の一件で、poshiさんだけでなく、私もいろいろと学んだと思いますし、学んだことも大きかったと思います。
それゆえに、これからもハムスターを飼い続ける意味があると思いますよ。


「ゆうこ_BB」さんの引用:
動物は生きることにいじらしいくらい真っ直ぐだとつくづく思います。
人間みたいに途中であきらめたりはしませんし。

ペットを飼っていると、そのことを実感できてしまうので、それが辛いと思うことが多々あります。


「ゆうこ_BB」さんの引用:
本当に理解する人が増えれば増えるほどペットを飼う人は減るのではないでしょうか。

飼わないというのは、ペットの命を守るうえで最も有効な選択肢なので、初心者には飼わないという選択肢を選んでもらうようにしています。しかし、関わってしまった、知ってしまった以上、結論が出たとしてもそこから逃げてしまうと、ただの自己解決なんじゃないかと思いますね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。