ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

目薬は難しい

名前
あくあ
表題:

Re: がんばってください!


投稿日時:
「ゆうこ_BB」さんの引用:
たびたびの返信ありがとうございます。
目薬の戦いが始まって二日目ですが、早くもハムの方が目薬をかわすのに長けてきました。
わたくし情けないデス…
これからあと3回勝負が残ってます。ハァーー=3

がんばってください

大変だとは思いますが、ハムを助けるためにも !(ハムにとってみれば、攻撃(?)されてる!?)


名前
管理者
表題:

Re: 目薬は難しい


投稿日時:
「ゆうこ_BB」さんの引用:
点眼経験がおありの方、どうかお話をお聞かせ下さい。

何十回とあります。

ロボロフスキーとジャンガリアンだったと思いますが、最初でも点眼は全く嫌がりませんでした。ハムスターには1滴でも大量なので、目薬が目にしみずに、目の上で目薬のしずくが、プルプルとなっているのが問題でしたね。その目からあふれた目薬が、目より毛にしみてしまって、目薬で毛が濡れるのがイヤになったようで、目薬を差すと目をこするようになってしまいました。
ちなみに、ジリスにも点眼したことがあります。

最初から嫌がるのは、目の上に落とそうと目薬の容器を、目に近づけすぎているんのが問題のような気がしますね。
今考えると、カテーテルと注射器で、高いところから少量の目薬を目に差せれば、うちの場合は問題が起こらなかったような気がします。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ゆうこ_BB
表題:

やや上達しました


投稿日時:

あくあさん、応援ありがとうございます。
がんばります。毎回、お互いに必死ですが、ハムに嫌われていないのが救いです。


「管理者」さんの引用:
何十回とあります。

力強いお言葉!!!!!
でも私と違ってあまり苦労されていないようで、羨ましいかぎりです。


「管理者」さんの引用:
最初から嫌がるのは、目の上に落とそうと目薬の容器を、目に近づけすぎているんのが問題のような気がしますね。

なるほど、と思い頭を動かさないようにヘッドロックして上からポットンと落としてみました。


「管理者」さんの引用:
ハムスターには1滴でも大量なので、目薬が目にしみずに、目の上で目薬のしずくが、プルプルとなっているのが問題でしたね。

↑まさにこの通りになっちゃいました
閉じた目の上に落とせたのですが、粒状の一滴が目にしみずに玉のように落ちていきましたね。
ちゃんと入ったのか微妙です。


「管理者」さんの引用:
目薬で毛が濡れるのがイヤになったようで、目薬を差すと目をこするようになってしまいました。

そして同じくこのようになりました。
よほど気になるみたいで手でこすったり足でかいたりして、悪化させているんじゃないかと心配になります。


「管理者」さんの引用:
カテーテルと注射器で、高いところから少量の目薬を目に差せれば

それ本当にいいですわ。ペット目薬といっても、容器の口は人間のとかわらないですからね、ハムもいきなりやられたらびびりますよね。
人間で例えるならぶどう玉大の水風船を目の上で破られて目に水を入れるといったところでしょうか。これは確かに怖い。
これからあと一勝負やってきます。


名前
管理者
表題:

思い出せない


投稿日時:
「ゆうこ_BB」さんの引用:
なるほど、と思い頭を動かさないようにヘッドロックして上からポットンと落としてみました。

体を押さえられると、あまり動けないなんですけど、頭だと全く動けないうえに、情報収集器官も使えないので、プロレスラーでも嫌がりますよね。
どうやって、点眼していたのかを思い出していたのですが、体をつかんで、人差し指の上にアゴを乗せて、親指をおでこを押さえて、点眼していたような気がします。
多分、照明の陰になる方から点眼すれば、ハムスターはよく見えてないはずなので、あまり怖がらないと思いますけど。不意打ちになりますが……。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ゆうこ_BB
表題:

かなり上達しました


投稿日時:

点眼対決が始まって約一週間がたちました。
お互いが不快に思わない方法をあれこれ模索した結果、点眼スタイルが決まってまいりました。

 ?元気に走り回っている時は抵抗するのも激しいのでこの時はあきらめる。

 ?眠りの浅い時⇒軽く声をかけ、そそ〜っと巣箱から顔を出してくるくらいのおやすみ時(あくまでもうちのハムだけの基準です)、に起きてきてもらって手の平にのせる。

 ?保定はせず(まだ寝ぼけているので必要なし)

 ?ハムをのせた手の平を軽く握って、その時親指でおでこをおさえて(あくまでも軽く)

 ?目薬の容器の口を下向きにして持ち、液が完全に落ちきらない程度まで出す(容器の口から液のしずくがぶらさがっている状態、給水ボトルの口から水が落ちそうで落ちない状態といえばわかりますでしょうか)

 ?この状態をキープしたまましずくをハムの目にのせる

だいたいここまで5秒くらいでできるようになりましたよ
かれこれ30発はうってますからね…


?は管理人さんの


「管理者」さんの引用:
体をつかんで、人差し指の上にアゴを乗せて、親指をおでこを押さえて、点眼していた

と同じなんじゃないでしょうか。保定するよりもかなりリラックスしてくれてますね。
たまに顔をそむけますが、暴れることはなかったです。よね?

?と?は私の実体験に基づいての方法です。
先日眼科にかかりまして、医者に何回も点眼されたのですが、目を開けさせられた状態でかなりの緊張感がはしり、ポトッと落ちてきた時に恥ずかしながら全身でビクンと反応してしまいまして、これはしんどいわ、と実感しました。
始めの頃、ハムもビクンとなってジッ…と鳴いてたことに共感できましたね。
そこで液を落とさず目の上に置く、というふうにしたら大成功。ハムもあまり驚かずにすんでます。

この方法のメリットとして液が少量ですみますね。一滴落とすのはハムにとっては多すぎますので。
ただし考えられるデメリットもあります。容器の口が患部に相当近づきますし、容器をつかんでいる力を抜くと液体も中にひっこみますので、その時に悪い菌も一緒に中に入ってしまうかもしれません。あくまでも症状との相談ですね。
もしやるとするならば、液を他の容器にだしてきれいなスポイト(先端は丸くしてハムを傷つけないようにしましょう)で点眼して毎回洗うようにするといいと思いますが。

長くなりましたが、とりあえずの私の研究結果でした。
ハムの目も順調に治ってきています。


「管理者」さんの引用:
不意打ちになりますが……。

眼科での経験上、心臓が飛び出るほどびっくりしますよ