ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

過去に他のハムスターを飼っていたケージでの飼育は良くない?

名前
たむをどん
表題:

Re: あごの炎症かもしれません。


投稿日時:

rukaさん、貴重な情報ありがとうございます!

症状は、rukaさんのところのハムちゃんとかなり似てそうです。
あごの炎症ですか!
言われてみると、確かにその可能性が高い気がしてきました。

というのも、シロップや水を口の中に入れても飲み込むことが出来ず、
一生懸命、床敷きになすりつけているんです。
夫とも、これは食欲が無いとか言うレベルではなくて、
食道や喉に腫瘍でも出来て、嚥下困難になっているのではないか、
と話していたところで、rukaさんの投稿に気づきました。


「ruka_BB」さんの引用:
投薬して2〜3日ほどで食欲が戻り硬い物が噛めるようになり、
獣医さんのお話では「やはり、あごの炎症ではないか。」とのことでした。。

今は元気になったんですね。よかった!
それを聞いて私も希望が沸いてきました。
お家に来たばかりの子なので、気づくのが遅れてしまった感がありますが、
治ると信じてケアします。どうもありがとうございました。


名前
管理者
表題:

話が濃くなってきた


投稿日時:
「たむをどん」さんの引用:
体力の消耗が怖いので、ガムシロップをあげたのですが、一口なめただけで、完全に拒絶モードに入ってしまいました。

糖分はエネルギーに変わりやすいですが、ベタ付くので、嫌がるハムスターが半分くらいいるはずですよ。与え方にもよりますが、食べるのは上手な動物なので、飼い主が無理に与えるのではなく、自分から食べに来られるようにすることが重要なんだと思います。


「たむをどん」さんの引用:
餌に対する執着心は最初から弱く、ひっそりと静かに少量の餌を食べていました。

当たり前だけど、食べる事って重要だし、ハムスターってあまり好き嫌いしないので、病気からの復活も早いんですよね。
だけど、何でも噛まして歯を痛めて食べられなくしたり、変な食事制限を与えて、体調を悪くさせたりする飼い主がいるのが、悲しいです。


「たむをどん」さんの引用:
ダメもとでレタスをあげてみたら、初めて興味を示しました!

レタスは食感が良いので、ハムスターは好んで食べますが、栄養が少なすぎるし、水分が多すぎるので、余計に体調を崩す可能性がありますよ。


「たむをどん」さんの引用:
今日の午後から目ヤニまで・・・(体力が低下して感染症?)。

かなり、弱っている証拠ですよ。


「たむをどん」さんの引用:
ケアをしながら、彼の生命力と、「生きたい」という気持ちに賭けています。
奇跡が起きたら、あるいは理由が分かったらまた投稿します。

ハムスターの生きる力は、人間とは比べものにならないくらい力強いです。
だから、たむをどんさんが思う奇跡は、すでに起こっていると思うので、それに答えられるように努力してください。


「ruka_BB」さんの引用:
投薬して2〜3日ほどで食欲が戻り硬い物が噛めるようになり、獣医さんのお話では「やはり、あごの炎症ではないか。」とのことでした。

アゴの炎症って、その個体は珍しいカラーのハムスターか、奇形かなにかだったんですか?
私は、50匹近くのハムスターを死なせてきましたが、死ぬ数時間前まで食べている奴らばかりだったので、炎症を起こす原因が、何だったのか知りたいです。


「ruka_BB」さんの引用:
素人判断なので、お役に立てるかわかりませんが
ご参考になればと思います。

こういった情報は、ホントありがたいと思います。
しかし、全てが同じ症状ではないので、この記事を読んでいる人は、必ず病院に行って言って獣医と相談してください。


「たむをどん」さんの引用:
というのも、シロップや水を口の中に入れても飲み込むことが出来ず、一生懸命、床敷きになすりつけているんです。

こういう場合は、水よりとろみのある物が逆に飲み込みやすいはずなんですけどね。
コーンスープとか、ベビーフードを与えてみては?


「たむをどん」さんの引用:
食道や喉に腫瘍でも出来て、嚥下困難になっているのではないか、と話していたところで、rukaさんの投稿に気づきました。

腫瘍なら、触って分からないですか?
腫瘍ができるには、早すぎるような気がするし。
ゴールデンハムスターなら、手術や検査をしてくれる病院も多いと思うので、早めに対処した方が良いですし、ペットなんて食べ物に困らない以外メリットがないので、絶対に飢え死にさせてはダメです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ruka_BB
表題:

Re: あごの炎症かもしれません。


投稿日時:

>たむをどん様

その後、具合はいかがでしょうか。
とても心配です。


「たむをどん」さんの引用:
シロップや水を口の中に入れても飲み込むことが出来ず、
一生懸命、床敷きになすりつけているんです。

うちのハムスターは、「飲み込めない」というより「噛めない」という感じでした。
水も野菜も、ほんの少しではありましたし
指に薬をつけて近づけたら舐めたこともあったので
飲み込める状態ではあったのかなと思います。
そう思うと、あごの炎症ではないのかもしれないですね・・・。
管理者様のお話では、あごの炎症は珍しいようですし。

薬で、良くなってくれることをお祈りしています。


>管理者様

あごの炎症だろうと診断されたハムスターは、
当時生後約8ヶ月くらいのジャンガリアン♀(ノーマル)でした。
他のハムスターとあまり比べたことが無いのでわかりませんが
おそらく奇形ではないと思います。
原因は、金網ケージを噛んでいたせいかなと思っています。
とはいえ、それほど長い時間噛んでいたわけではなかったので
金網ケージから落ちて、打ち所が悪かったのかもしれません。
手を打つのが遅かったですが、今は衣装ケースで暮らしています。
それからは、特に目立った症状はなく元気に暮らしています。


名前
管理者
表題:

金網は、檻のイメージが強い。


投稿日時:
「ruka_BB」さんの引用:
原因は、金網ケージを噛んでいたせいかなと思っています。
とはいえ、それほど長い時間噛んでいたわけではなかったので
金網ケージから落ちて、打ち所が悪かったのかもしれません。
手を打つのが遅かったですが、今は衣装ケースで暮らしています。
それからは、特に目立った症状はなく元気に暮らしています。

なんだったんでしょうかね?
バイ菌が入らないと炎症にはならないだろうから、口の中にケガがあったのかもしれません。
ともかく、金網タイムのケージをやめて、正解だと思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
たむをどん
表題:

残念ながら・・・


投稿日時:

rukaさん、管理者様、コメント・アドバイスをありがとうございました。
残念ながら、うちのハムスターは回復することなく、☆になってしまいました。
最後まで原因は分かりませんでした。


「管理者」さんの引用:
糖分はエネルギーに変わりやすいですが、ベタ付くので、嫌がるハムスターが半分くらいいるはずですよ。与え方にもよりますが、食べるのは上手な動物なので、飼い主が無理に与えるのではなく、自分から食べに来られるようにすることが重要なんだと思います。

なるほど、嫌がる子は意外と多いのですね。
病院で、ほとんどのハムスターはガムシロップを好む、と聞いたので、困っていたところです。
ペットショップから家に来てまだ2週間弱だったため、信頼関係が十分築けておらず、自分から食べに来るのはちょっと無理でした。


「管理者」さんの引用:

「たむをどん」さんの引用:
餌に対する執着心は最初から弱く、ひっそりと静かに少量の餌を食べていました。
当たり前だけど、食べる事って重要だし、ハムスターってあまり好き嫌いしないので、病気からの復活も早いんですよね。
だけど、何でも噛まして歯を痛めて食べられなくしたり、変な食事制限を与えて、体調を悪くさせたりする飼い主がいるのが、悲しいです。

「管理者」さんの引用:
レタスは食感が良いので、ハムスターは好んで食べますが、栄養が少なすぎるし、水分が多すぎるので、余計に体調を崩す可能性がありますよ。

最初から食が細くて、環境が変わったことによるストレスだと思っていました。
5日目より明らかに摂餌量が減ったため、好きそうなものを与えようと、
ペットショップであげていたというりんご・キャベツ・小松菜を与えたのですが、×。
管理者さんご指摘どおり、レタスはお腹を壊すと聞いていたのですが、
給水量も減っていたので、水分補給のつもりで与えたら、唯一反応しました(結局食べられなかったですけど。)


「管理者」さんの引用:
腫瘍なら、触って分からないですか?
腫瘍ができるには、早すぎるような気がするし。

そうですね。いくらゴールデンハムスターに腫瘍ができやすいからと言って、
9週齢で出るのは変ですね。触っても分からなかったです。

あと、ハムスター診察OKの病院だったのですが、今になって思うと、
あくまでも一般診療レベルで、専門的な治療は扱っていないところだったのかな、と思います。
複数の獣医さんがいて、いつもとても丁寧に話をしてくれるところなのですが、
口の中チェックと触診のみ(混んでいたこともあり、奥に連れて行かれ、診察を見せてもらえなかった)。
「練り餌やガムシロップと薬を与えて、とにかく観察して下さい。」の1点張りでした。
レントゲンなどをお願いすればよかったと後悔しています。

以下、今回のケースで自分なりに感じた反省点です。
(変な点があったら、教えてください)

?環境変化によるストレスと思われても、餌・水の量が減ったらすぐ獣医へ。
若いハムスターは病院で受けるストレスより食べられないことによる消耗の方が深刻。
ペットショップから来たばかりだから、と素人判断をしてしまい、病院に行くのが遅れてしまった。

?食が細いハムスターには、ミルワームを試すべきだった。

?ハムスター診療可でも、一般診療のみの場合がある。
確認して、エキゾチック動物専門病院へ連れて行くべきだった。

?強制給餌で長期間必要エネルギーを摂取するのは意外に難しい。
自分から全く食事をしなくなった場合、強制給餌になりますが、
それで必要カロリーを摂取させるのは意外に難しいのかな、と感じました。
ざっと換算すると、80gのハムスターの最低必要餌量が4gとして、約20kcal。
ガムシロップだと約8mL、ベビーミルクだと約4g。
今回の場合、慣れていないため自分からは絶対寄って来なかったので、
これだけの量を保定して与えるのは、数回に分けたとしても
恐怖心を与えてしまう。

以上、長々と書いてしまい、すみません。
今回のハムスターには可哀相なことをしてしまいました。
が、こちらの掲示板で色々アドバイスをいただき、心強かったです。

2ヶ月前までは他のハムスターを普通に飼えていたので、
飼育環境で根本的な間違いは無いと思うのですが、
最初から食が細いハムスターはどうすればよいのでしょうかね?

このトピックに、返信はできません。